現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 市民活動・NPO > 市民活動・市民協働 > お知らせ > ユースチャレンジ!コラボプロジェクト(若者版・市民協働事業提案制度)G7仙台科学技術大臣会合開催機運の醸成につながる事業の提案を募集します

更新日:2022年11月2日

ここから本文です。

ユースチャレンジ!コラボプロジェクト(若者版・市民協働事業提案制度)G7仙台科学技術大臣会合開催機運の醸成につながる事業の提案を募集します

仙台市では、若い世代の皆さんのまちづくりへの参加を推進するために、令和3年度より「ユースチャレンジ!コラボプロジェクト(若者版・市民協働事業提案制度)」を実施しています。

この制度は若者(18歳から30歳代)の皆さんから身近なまちづくりに取り組む事業について提案を募集し、提案者である若者団体、サポート団体、市の3者が協働で取り組むものです。

このたび、令和5年(2023年)5月に仙台市でG7仙台科学技術大臣会合が開催されることを記念して、開催機運の醸成につながる事業の提案を追加募集します。

 

募集について

募集要項

ユースチャレンジ!コラボプロジェクト(若者版・市民協働事業提案制度)令和4年度事業追加募集(テーマ設定型)募集要項(PDF:1,635KB)

募集期間

11月2日(水曜日)~11月30日(水曜日)

募集テーマ

G7仙台科学技術大臣会合開催機運の醸成につながる、科学技術振興をテーマとしたまちづくり

応募することができる団体

次のすべてを満たす団体

  1. 市内に活動拠点を有するまたは市内を活動地域としていること
  2. 3名以上の構成員で組織されていること
  3. 構成員が18歳から30歳代までの者であること など

対象となる事業

募集テーマについて、市と協働で実施できるもので、次のすべてを満たすもの

  1. 提案団体と市が協働で実施する必要性があり、公益性、社会貢献性が認められるもの
  2. 社会や地域の課題解決や、魅力の向上に取り組むもの
  3. 多様な主体と連携・協働しながら、若者が主体的に取り組むもの

交付額

1事業あたり最大30万円 ※2件程度を採択予定

 

提案手続きについて

(1)事前相談(必須)

制度や事業提案の内容について、サポート団体、市職員が相談に応じます。提出の前に必ず行ってください。

日時の予約については随時、市民協働推進課(電話またはEメール)にて受け付けます。

  • 電話:022-214-8002
  • Eメール:sim004100@city.sendai.jp

(2)提案書類の提出

事前相談終了後、募集期間内に所定の事業申請書および必要書類をEメール、郵送、または持参により、市民協働推進課へ提出してください。

事業申請書等各種様式は、市ホームページからダウンロードできます。

事業申請書等各種様式はこちら

  • Eメール:sim004100@city.sendai.jp
  • 郵送先:〒980-8671(住所記載不要)仙台市 市民局 市民協働推進課
  • 持参先:仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎(アーバンネット勾当台ビル)2階 市民協働推進課

今後のスケジュール

  • 11月2日(水曜日):募集開始
  • 11月30日(水曜日):募集締め切り
  • 12月上旬(予定):審査会(プレゼンテーション)・採択事業の決定
  • 12月15日(木曜日)(予定):採択事業の事業開始
  • 令和5年3月31日(金曜日):事業終了

 

関連リンク

ユースチャレンジ!コラボプロジェクト(若者版・市民協働事業提案制度)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局市民協働推進課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階 

電話番号:022-214-8002

ファクス:022-211-5986