English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 主な収蔵品 > 主な収蔵品(一覧) > 主な収蔵品(ローマ教皇にあう)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

主な収蔵品(ローマ教皇にあう)

5.ローマ教皇に会う

1615年10月25日、使節はローマへ入り、29日には常長は華麗な衣装を身にまとい、入市式の行進を行いました。そして11月3日にはローマ教皇パウロ五世に会いました。その時教皇に手渡された伊達政宗からの手紙には、仙台藩でのキリスト教布教のためフランシスコ会宣教師の派遣とメキシコとの貿易に関し、スペイン国王へのなかだちをお願いすることが書かれていました。その金箔・銀箔を散らした美しい和紙を使った日本語・ラテン語2種類の手紙は、現在もヴァチカン図書館に保管されています。
ローマでは、常長の高潔な人柄がほめたたえられ、常長は貴族の位を与えれられ、彼をはじめとする8名にローマ市公民権が授与されました。

ローマ教皇パウロ五世像(国宝)

ローマ教皇パウロ五世像
(国宝 慶長遣欧使節関係資料)

左の写真は1615年、常長がローマで謁見したローマ教皇パウロ五世の肖像画です。この油絵は、常長が日本に帰国してから伊達政宗に献納したものです。作者は不明ですが、恐らくは教皇庁関係者に配るために複数制作されたものの1枚と思われます。

羊皮紙を用い、上部と左右には7つの紋章を並べ、左上には支倉常長の紋章である「逆卍に違い矢」が描かれています。本文はラテン語で、ローマ市議会で支倉常長にローマ市の公民の権利を与え、貴族に加えることが金泥で記されています。遠い国から渡って来た支倉常長たちが、ローマでたいへんな歓迎を受けたことが分かる資料です。4段目には、「PHILIPPO FRANCISCO FAXECVRA ROCVYEMON」、中央左よりには「SENDAI(仙台)」「VIXV(奥州)」、中央右よりには「IDATE MASAMVNE(伊達政宗)」の文字が読み取れます。常長が持ち帰った貴重な品の1つです。

ローマ市公民権証書(国宝)

ローマ市公民権証書

(国宝 慶長遣欧使節関係資料)

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-3074

ファクス:022-225-2558