現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 福祉・医療 > 福祉 > 障害福祉サービス > 障害福祉サービス事業者等の指定更新について

更新日:2020年10月20日

ここから本文です。

障害福祉サービス事業者等の指定更新について

指定障害福祉サービス事業者等の指定は、6年ごとに更新を受けなければその期間の経過により効力を失うこととされています。
このため、指定日から6年を経過する際は、改めて指定の更新手続を行わなければ、有効期間満了とともに指定の効力が失われ、失効後にサービスを提供しても報酬の請求はできなくなります。
下記内容を参照し、忘れずに指定更新手続きを行ってください。

1 指定更新申請手続きについて

(1)提出書類一覧

指定更新申請に関する提出書類一覧(エクセル:20KB)

(2)提出期日

指定有効期限日の1カ月前まで
(場合により2カ月前を期限とすることがありますが、該当する事業所には個別にお知らせいたします)

(3)申請様式

様式は新規指定申請と同じものです。下記のぺージからダウンロードして下さい。

(4)届出事項に変更がある場合

  • 変更があったにも関わらず、必要な変更届出を提出していない場合には、更新申請とは別に、変更手続きを行ってください。
  • 更新申請と同時に変更届の手続きを行った場合、必要な書類は変更届に添付することとし、更新申請においては、(5)の「指定更新申請書添付書類確認書」を提出することで、関係書類の添付は省略可能とします。

(5)添付書類を省略する場合

(1)の提出書類一覧において、「△」の表示がある書類については、既に届け出ている内容に変更がない場合は、添付を省略することができます。添付を省略する場合には、必ず「指定更新申請書添付書類確認書」を提出してください。
指定更新申請書添付書類確認書(エクセル:33KB)
指定更新を迎える事業所が複数ある場合の添付書類確認書(エクセル:213KB)

(6)休止中の事業所の場合

休止中の事業所で指定要件を満たさず指定の更新を受けられない場合は、指定の有効期間満了をもって指定の効力を失うこととなります。
指定の更新に併せて事業の再開をする場合には、指定有効期間満了日までに事業の再開届を提出したうえで、指定の更新手続きを行ってください。

2 指定更新をしない場合の手続きについて

指定の更新を希望しない場合は、現にサービスを受けている利用者に対する措置を確認する必要があるため、以下のとおり届出書等を提出してください。

(1)提出書類

次のいずれかを提出してください。

(2)提出期日

有効期間満了日まで

3 更新申請後に休止・廃止・指定辞退をする場合

更新申請後、指定更新される前に休止、廃止、指定辞退をする場合は、更新申請を取り下げていただく必要があります。指定更新申請取下書を提出してください。更新申請書はお返しします。
指定更新申請取下書(エクセル:32KB)

お問い合わせ・申請窓口

就労移行支援、就労継続支援、就労定着支援について

  • 障害企画課 社会参加係 電話:022-214-8151

居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、重度障害者等包括支援、短期入所、相談支援事業について

  • 障害者支援課 地域生活支援係 電話:022-214-8164

療養介護、生活介護、障害者支援施設、自立訓練、共同生活援助、自立生活援助、障害児入所施設、
児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援、居宅訪問型児童発達支援について

  • 障害者支援課 施設支援係 電話:022-214-8188

お問い合わせ

健康福祉局障害者支援課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-6141

ファクス:022-223-3573