更新日:2020年10月8日

ここから本文です。

これからの下水道財政

さらに維持管理費用がかかることに

下水道がつくられていない時代は、家庭や工場からの汚水は、そのまま川や海に流されていました。このため川や海は汚れてしまい、伝染病や公害が大きな問題となりました。そこで、昭和40年代頃から急速に下水道施設をつくってきました。現在では、仙台市のほとんどの家庭に下水道がいきわたり、伝染病や公害もなくなりました。

しかし、コンクリートで造られた下水道管などは、寿命が50年程度と言われています。そのため、今後は大規模な修理や取り替えが必要となる施設がたくさん出てくると考えられます。そのためのお金もたくさん必要になっていくことになります。

限りある予算の下でこれらの修理や取り替えを行っていくためには、より一層計画的で効率的な資産管理を行っていく必要があることから、「アセットマネジメント」の取り組みを進めています。

(※)アセットマネジメントとは?

現在の資産の状況を把握・評価した上で将来の状況を予測し、資産(下水道施設)をなるべく長く有効に活用するためにはいつどこにどのような対策を行うのが効率的なのかを判断するための手法です。

下水道事業はたくさんの借金を抱えています

  • いくら借金があるの?
    令和元年度末現在の借金の残高は、1,892億円です(平成30年度末は1,943億円)。
  • なぜ借金があるの?
    下水道管などの施設をつくるためには、たくさんの費用がかかります。それをまかなうために借金をしています。
  • なぜ借金をして施設をつくるの?
    それは、将来の下水道利用者にも平等に負担してもらうためです。
    下水道管などの施設は、長い年月にわたって使います。つくった年に、借金をせずに全額支払うと、その年の利用者だけに負担を求めることになります。
    借金をすれば、つくった時の利用者だけでなく、これからの利用者にも平等に負担してもらうことができます。

年度ごとの企業債元金償還額の推移

企業債(借金)の元金償還額の推移

借金の元本返済額は年度ごとの細かい増減はあるものの、年々増える傾向にあります。今後も下水道の財政が厳しくなることが予想されます。

お問い合わせ

建設局経営企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8808

ファクス:022-268-4318