現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 5月 > 新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(仙台市内5146~5159例目)

更新日:2021年5月4日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(仙台市内5146~5159例目)

市内において新たに新型コロナウイルス感染症の患者が確認されましたので、お知らせします。市内で確認された新型コロナウイルス感染症の患者は、計5152人となります。

 

1 新規患者

(1)人数

14名

(2)患者について

仙台市内患者5146~5159(宮城県内患者8163~8176)

※詳細については別紙のとおり

 

2 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための情報提供(業種・業態公表)

仙台市内患者4名が同一施設内に滞在していたことが確認されました。同一施設内における濃厚接触者は特定できる見込みですが、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための県民への情報提供(呼びかけ)基準」2(2)に基づき、以下のとおり情報提供します。

(1)施設内での感染者

仙台市内患者4名

(2)施設の業種・業態

児童関連施設

(3)感染拡大に影響があると推測される事項

休憩の際に食事を共にすることがあった。

 

3 仙台市内患者5152~5154が勤務する長命ケ丘児童センターの対応について

5月1日に施設の消毒作業が完了しております。5月6日は通常通りの運営を行います。

 

別紙

別紙_新型コロナウイルス感染症の患者の発生について【5146~5159例目】(PDF:395KB)