現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 5月 > 青葉通駅前エリアのあり方について検討をはじめます

更新日:2021年5月28日

ここから本文です。

青葉通駅前エリアのあり方について検討をはじめます

 仙台市では、都心全体の回遊性やにぎわいの向上に向けて、エリアごとに多様な主体と協働しながら魅力向上につながる取り組みを進めています。

 仙台駅西口における開発機運の高まりや、平成30年9月の青葉通まちづくり協議会による青葉通の一部広場化を含んだ「青葉通まちづくりビジョン」の提言など、民間における青葉通駅前エリアのまちづくりの機運が醸成される一方、本市においても、都心再構築プロジェクトや今年度からスタートした基本計画などによる新たなまちづくりが始動したことを受け、官民連携による「青葉通駅前エリアのあり方検討協議会」を立ち上げ、第1回目の協議会を開催します。

 協議会では今後、青葉通駅前エリアを中心として、将来ビジョンや整備方針、整備計画など、公共空間のあり方について検討を進めていきます。

※青葉通まちづくり協議会

 青葉通周辺の商店会、町内会、企業、個人等の地元関係者が主体となり平成24年8月に発足。青葉通に関する地域の組織化を図り、仙台市民の貴重な財産としての青葉通のまちづくりを進めることを目的としている。

 

1 青葉通駅前エリアのあり方検討協議会について

    (1)構成

      (委員)学識経験者、商工関係者、沿道地権者、交通事業者(バス、タクシー、トラック、鉄道)、

          交通管理者(宮城県警)、仙台市  30名程度

      (オブザーバー)国土交通省、宮城県

      (事務局)仙台市、青葉通まちづくり協議会

    (2)主な検討内容                     

      ・青葉通駅前エリアの将来ビジョンや整備計画等について

      ・空間利活用、交通処理について         

                           エリア図   

                                 青葉通駅前エリア

2 第1回協議会

    (1)日時 6月1日(火曜日)14時~16時

    (2)会場 アエル6階 中小企業活性化センター セミナールーム(2)

    (3)内容

      【1】あいさつ 仙台市 髙橋副市長

             青葉通まちづくり協議会 森 富士夫 氏

      【2】協議会の設立背景および趣旨、協議対象の範囲など  

      【3】座長の選出

      【4】座長挨拶

      【5】議事(今後の検討・協議の進め方など)

     

3 取材について

    (1)取材を希望される方は、13時30分から受け付けを開始しますので開始時刻までに会場にお越しく

      ださい。

    (2)当日は座長挨拶まで取材可能です。議事の前にご退席をお願いします。

     

4 その他

  一般の方の傍聴はできません。

     

お問い合わせ

都市整備局都心まちづくり課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8314

ファクス:022-222-2448