現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2021年度(令和3年度) > 5月 > 新型コロナウイルス感染症の患者の発生等について(仙台市内5380~5398例目)

更新日:2021年5月19日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生等について(仙台市内5380~5398例目)

市内において新たに新型コロナウイルス感染症の患者が確認されましたので、お知らせします。市内で確認された新型コロナウイルス感染症の患者は、計5391人となります。

 

1 新規患者

(1)人数

19名

(2)患者について

仙台市内患者5380~5398(宮城県内患者8632~8650)

※詳細については別紙の「1 新規患者」のとおり

 

2 変異株の確認について

今般、仙台市内で発生した新型コロナウイルス感染症患者から変異株が確認されました。

(1)N501Yの変異のある変異株 本日確認分6件(累計128件)

※詳細については別紙の「2 変異株の確認状況」のとおり

 

3 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための情報提供(業種・業態公表)

仙台市内患者2名、宮城県内患者1名が同一施設内に滞在していたことが確認されました。同一施設内における濃厚接触者は特定できる見込みですが、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための県民への情報提供(呼びかけ)基準」2(2)に基づき、以下のとおり情報提供します。

(1)施設内での感染者

仙台市内患者2名、宮城県内患者1名

(2)施設の業種・業態

道路旅客運送業

(3)感染拡大に影響があると推測される事項

調査中

 

4 職員の感染について

(1)感染した職員について(仙台市内患者5384)

  1. 所属
    交通局自動車部川内営業所
  2. 職種
    市営バス運転手
  3. 感染可能期間における出勤歴
    5月12日(水曜日)、13日(木曜日)、14日(金曜日)、15日(土曜日)、18日(火曜日)

(2)交通局の対応について

  1. 消毒の実施について
    陽性であることが判明した5月18日(火曜日)に、当該職員が5月12日(水曜日)から18日(火曜日)までの間に運転したバス車両および営業所庁舎等の消毒作業を実施しました。
  2. 市営バスにおける新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について
    運転手のマスクの着用、車内の換気、運転席付近への防護スクリーンの設置、車内の抗ウイルス加工の実施などの対策を講じておりますが、あらためて、運転手に対して感染拡大防止策を徹底するよう指示しました。
  3. 市営バスの運行について
    通常ダイヤで運行します。

(3)問い合わせ先

交通局業務課  (直通)022-712-8316

 

5 中央卸売市場の対応について

中央卸売市場花き市場内の事業者の従業員が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

(1)患者について

  1. 勤務場所
    花き市場内の事務所
  2. 業務内容
    販売および経理業務
  3. 感染可能期間における出勤歴
    5月14日(金曜日)

(2)中央卸売市場の対応について

  1. 勤務場所や周辺の共用部分の消毒作業は既に終了しており、通常どおり市場取引を行っています。
  2. 市場関係者はこれまでも、マスクの着用や手洗い、検温や体調確認を行うなど、感染防止対策を実施しているところですが、今後も各事業者と連携して適切な感染防止対策の一層の徹底を図っていきます。

(3)問い合わせ先

経済局中央卸売市場管理課 (直通)022-232-8110

 

別紙

別紙_新型コロナウイルス感染症の患者の発生等について【5380~5398例目】(PDF:427KB)