泉区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

古内主膳重広の墓

古内主膳重広は、国分彦九郎盛重の第四子で盛重没落の後、根白石福沢館の高木家で暮らし後に古内主膳実綱に認められて、養子となりました。

馬術に長じ練達の士として名声高い重広は、政宗に御馬乗りとして召出され、後に2代忠宗が藩の最高執行機関である六奉行・五評定衆制を整備した際、奉行職を命じられました。

伊達政宗とは従兄弟にあたります。

重広は長身で容姿端正、剛直な性格で裁量があったといわれています。また、儒学者の内藤以貫や雲居(うんご)和尚と交流があり、経をきき法を問うて治国の道を学んだと伝えられています。万治元年(1658)忠宗公が没すると70歳で殉死しました。

この時、古内家家臣3名も殉死しており、大満寺敷地内には古内主膳重広と殉死した3人の家来の墓があります。

古内主膳の墓

古内主膳重広の墓

所在地・アクセス

古内主膳重広の墓 泉区小角字大満寺5
地下鉄泉中央駅発 市バス住吉台線住吉台行ほか大満寺前下車 徒歩5分

付近案内図

関連リンク

いずみ史跡今昔物語

泉なつかし写真館

お問い合わせ

泉区役所まちづくり推進課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所本庁舎3階

電話番号:022-372-3111

ファクス:022-773-8823