現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 中小企業支援 > 仙台市中小企業応援窓口を開設します

更新日:2020年6月25日

ここから本文です。

仙台市中小企業応援窓口を開設します

新型コロナウイルスの感染症により影響を受けた市内の中小企業を支援するための緊急経済対策第3弾の一環として、6月29日より仙台市中小企業応援窓口を開設します。

この窓口は中小企業の方々が各種支援施策を積極的に活用できるよう開設するもので、持続化補助金や雇用調整助成金などの国や県等の各種助成金の申請手続き支援や相談者への専門家派遣、事業計画の見直し、販路開拓など、中小企業、小規模事業者が抱える経営上の課題をワンストップで相談できます。

また、国家戦略特別区域法に基づく「仙台テレワークサポートデスク」も併せて設置し、テレワークの導入支援を行います。テレワークに関するノウハウを有する企業や東北大学等と連携しながら、仙台、東北地域における多様な働き方を推進します。

窓口について

 場所

青葉区中央1-3-1 AER7階(仙台市産業振興事業団内)

期間

6月29日(月曜)から令和3年3月31日(水曜) ※土曜、日曜、祝日、年末年始休み

時間

午前9時から午後5時

内容

  1. 持続化補助金や雇用調整助成金等、国や県等の各種助成金申請書類作成の仕方、手続き支援
  2. テレワーク導入支援
  3. 相談者への専門家派遣
  4. 事業計画、販路開拓、商品開発、資金繰り等の各種経営相談

受付

下記の方法により予約をしてからお越しください。予約がなくても相談は可能ですが、あらかじめ予約いただくとお待たせすることなくご案内できます。

電話での予約 

電話:022-724-1122(仙台市産業振興事業団)

受付時間:平日の午前9時から午後5時まで

Eメールでの予約

Eメール ouen@siip.city.sendai.jp

※相談者氏名、会社名、電話番号、相談希望日時、相談概要を記載の上、お送りください

ホームページ

仙台市中小企業応援窓口(外部サイトへリンク)

※予約専用フォームに必要事項を入力してください

仙台テレワークサポートデスクについて

仙台市では、世界で一番ビジネスをしやすい環境を作ることを目的にして、地域や分野を限定し、大胆な規制・制度の緩和を行う規制改革制度「国家戦略特区」に指定されており、仙台テレワークサポートデスクではこの特区を活用して、企業における多様な働き方を推進するため、以下の取り組みを行います。

  1. テレワーク導入に係る総合相談窓口の設置
  2. テレワーク導入に係る既存ITサービスの情報提供、対応可能企業のマッチングサポート
  3. テレワーク導入に係る新規システム開発および技術的課題に対する検討サポート
  4. テレワーク導入に関する国の補助金等の案内
  5. テレワーク体験機会の提供
  6. テレワーク導入希望企業向けの説明会、テレワーク関係イベントの開催 等

お問い合わせ

経済局地域産業支援課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-1003

ファクス:022-267-6292