更新日:2021年9月11日

ここから本文です。

仙台すくすくサポート事業

【新型コロナウイルス感染症関連】協力会員・利用会員(これから入会を希望される方)へのお願い

現在、国内において新型コロナウイルスの感染者が引き続き確認されており、「宮城県・仙台市緊急事態宣言」の発令や新型コロナウイルス感染症「まん延防止等重点措置」「緊急事態宣言」の対象地域になるなど、非常に厳しい状況が続いています。
仙台すくすくサポート事業については、事業に関わる皆様が感染防止対策を講じながら継続しているところでありますが、援助活動のご利用・実施にあたっては、以下の点にご留意いただきますようお願いいたします。

【皆様】

  • 会員本人や同居のご家族等で体調がすぐれない方がいる場合(発熱やのどの痛み、咳が長引いている、強いだるさ(倦怠感)等)には、援助活動のご利用・実施をお控えください。
  • 援助活動の際は、マスクの着用、手洗い・うがい、消毒など、感染予防対策の徹底をお願いいたします。
  • 会員本人や同居のご家族に新型コロナウイルスの感染者(濃厚接触者を含む)が発生した場合には、仙台すくすくサポート事業事務局まで情報提供いただきますようお願いいたします。

※感染予防対策等については、「相談窓口・感染予防のために(新型コロナウイルス感染症関連)」をご覧ください。

【協力会員の皆様】

  • 援助活動の実施に不安をお持ちの方は、決して無理をせず、可能な範囲での活動をお願いいたします。

【利用会員の皆様】

  • 個々のご事情で、援助活動を行うことに不安をお持ちの協力会員の方もいらっしゃいます。マッチングに至るまでに時間を要する場合や、マッチングに至らないことがあります(特に、病後児の援助・緊急呼び出し時の援助については、マッチングが極めて困難な状況です)。ご利用を希望される日から日程に余裕を持ったご連絡をお願いいたします。

援助活動の実施にあたっては、預ける側、預かる側のお互いの合意のもと、無理のない範囲で活動いただきますよう、会員の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
不安なこと、わからないことがございましたら、仙台すくすくサポート事業事務局までお問い合わせください。

会員募集中!会費無料

仙台すくすくサポート事業は「お子さんを預かってほしい方(利用会員)」と「お子さんを預かることができる方(協力会員)」が会員となり、お互いに信頼関係を築きながら子どもを預け・預かる、子育て支援活動です。
仙台市が事務局(アドバイザー)となり、責任を持って運営する事業ですので、安心してご利用いただけます。会員登録は無料です。現在3,600名以上の方が会員に登録し、利用しています。会員になるには入会説明会への参加が必要です。
利用会員に比べると協力会員数が少ないので、特にお子さんを預かることができる協力会員を募集しています。あなたも地域の子育て支援に参加してみませんか。

仙台すくすくサポート事業における幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月からスタートした幼児教育・保育の無償化について、仙台すくすくサポート事業(ファミリー・サポート・センター事業)も、無償化の対象事業となります。
無償化の内容、認定の要件、手続きなど詳細は、「幼児教育・保育の無償化について」をご覧ください。
無償化となる費用(施設等利用費)のうち、仙台すくすくサポート事業に係る対象額の考え方については、「仙台すくすくサポート事業における無償化となる費用(施設等利用費)請求に係る留意点」をご覧ください。

お問い合わせ

仙台すくすくサポート事業事務局
電話:022-214-5001 ファクス:022-214-8610
メールアドレス:sukusuku@city.sendai.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

子供未来局総務課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階

電話番号:022-214-8790

ファクス:022-214-5010