現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 中小企業支援 > 経営課題を解決したい > 生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」に係る認定申請の受付について

更新日:2020年5月28日

ここから本文です。

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」に係る認定申請の受付について

新着

令和2年5月28日更新 先端設備等導入計画の対象設備に事業用家屋と構築物を追加しました。

 

過去の更新履歴

平成31年2月20日更新 先端設備等導入計画に関するお知らせを追加しました。

平成30年7月26日更新 先端設備等導入計画の認定時に提出頂く様式(認定申請に係る誓約書)を追加しました。

平成30年7月2日 先端設備等導入計画の認定申請の受付を開始しました。

 

我が国における産業の生産性を短期間に向上させるために中小企業の設備投資を支援する「生産性向上特別措置法」が平成30年6月6日に施行されました。

本市は、市内中小企業の労働生産性向上の実現ため、生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画を作成し、平成30年6月28日付けで国の同意を得ました。

これを受け、「先端設備等導入計画」に係る認定申請を受け付けております。

1 仙台市の導入促進基本計画

  • 目標:先端設備等導入計画を認定した事業者の労働生産性(導入促進指針に定めるものをいう。)が、年率3%以上向上すること。
  • 対象地域:市内全域
  • 対象業種・事業:全業種
  • 導入促進計画の計画期間:国が同意した日から3年間

仙台市の導入促進基本計画(PDF:159KB)

2 対象設備

  • 従来からの対象設備:機械装置・器具備品などの償却資産
  • 新たに対象設備に追加:事業用家屋、構築物(令和2年5月28日更新)

3 中小企業者のメリット

  • 固定資産税の特例措置

先端設備等導入計画の認定を受けた中小企業が一定の要件を満たした場合、地方税法において固定資産税の特例を受けることができます。仙台市では特例率をゼロとしています。詳しくは財政局資産税企画課のホームページをご覧ください。 

なお、今回対象設備に追加した事業用家屋と構築物の固定資産税の特例措置につきましては、仙台市市税条例の改正の成立が条件となります。事業用家屋や構築物の設備投資をご検討中の事業者の方は、企業立地課にご相談ください。

4 先端設備等導入計画の策定等

認定経営革新等支援機関(商工会議所・商工会・中央会や士業、地域金融機関等)に予め計画の確認を受けてから申請する必要があります。

概要、支援内容、手続き方法の概要は先端設備等導入計画に関するお知らせ(PDF:1,094KB)

詳細は中小企業庁のHP(外部サイトへリンク)をご確認下さい。

 

本市では国が定める申請書類に追加して、先端設備等導入計画が本市導入促進基本計画に適合することを確認するため、認定申請に係る誓約書の提出を求めております。

【必須様式】先端設備等導入計画に係る認定申請書(ワード:25KB)

【必須様式】認定支援機関確認書(ワード:26KB)

【必須様式】認定申請に係る誓約書(ワード:29KB)

【記載例】先端設備等導入計画に係る認定申請書(PDF:217KB)

【様式】先端設備等に係る誓約書(ワード:21KB)

【様式】先端設備等に係る誓約書(建物)(ワード:19KB)

【様式】先端設備等導入計画の変更に係る認定申請書(ワード:23KB)

【様式】変更後の先端設備等に係る誓約書(ワード:21KB)

【様式】変更後の先端設備等に係る誓約書(建物)(ワード:19KB)

5 制度に関するQ&A

制度に関するQ&A(中小企業庁作成)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局企業立地課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8245

ファクス:022-214-8321