English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

更新日:2020年9月24日

ここから本文です。

展覧会案内

展覧会案内 次回展覧会予告 特別展・企画展(年度別) 

 

臨時休館のお知らせ

仙台市博物館は施設設備の緊急点検・工事のため、当面の間、博物館全館を臨時休館しております。
利用者の皆さまに多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
詳しくは「緊急点検・工事による臨時休館のお知らせ」のページをご覧ください。

再開館の時期が決まり次第、仙台市博物館のホームページや公式ツイッターでお知らせいたします。

 

企画展「仙台藩の絵画」に代わり、秋の常設展で特集展示「仙台藩の絵画」を行います

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、10月9日(金曜日)から11月29日(日曜日)まで予定していた企画展「仙台藩の絵画」の開催に代えて、「旬の常設展2020秋」の特集展示「仙台藩の絵画」でそのエッセンスを紹介します。

※施設設備の緊急点検・工事が終わり、再開館しましたら、旬の常設展や特集展示をご覧いただけます。

旬の常設展2020秋 
特集展示「仙台藩の絵画」

仙台藩では、江戸時代を通じて、さまざまな絵画が生まれました。仙台城や若林城には、きらびやかな金地の障壁画がしつらえられ、藩主やその夫人の肖像画は、今日まで大切に保管されてきました。歴代藩主の中には絵を得意とした藩主もおり、多くの作品が残っています。
さらに、仙台藩では幕府御用絵師も務めた江戸の狩野家に絵を描かせる一方、藩が独自に雇った佐久間家や菊田家などのいくつかの家系の絵師たちに藩の画事を任せていました。

この特集展示では、これらの中から優品を紹介します。

  • 会期:再開館日から11月23日(月曜日・祝日)まで
  • 会場:特集展示室、コレクション展示室2

六所玉川和歌御手鑑(てかがみ)井出玉川
伊達吉村筆 仙台市博物館蔵

特集展示室

藩主が描いた絵画

仙台藩の3代藩主・伊達綱宗、4代藩主・伊達綱村、5代藩主・伊達吉村の作品を紹介します。

花鳥図屏風(上・右隻、下・左隻) 伊達綱宗筆  いずれも仙台市博物館蔵

 

コレクション展示室2

江戸の狩野家と藩に仕えた絵師たち

仙台藩に仕えた各絵師の特徴がよく表れている作品を紹介します。

村子姫霊夢図(むらこひめれいむず)
狩野古信(ひさのぶ)筆・林信篤(のぶあつ)賛 仙台市博物館蔵

 

なお、旬の常設展では、この特集展示のほかにも総合展示室の各所で、仙台藩主が描いた絵画や、藩に仕えた絵師による作品を紹介します。こちらもお見逃しなく。

旬の常設展2020秋

 

このページの先頭に戻る