現在位置ホーム > 展示のご案内 > 特別展・企画展(令和6年度)

ページID:73748

更新日:2024年5月22日

ここから本文です。

特別展・企画展(令和6年度)

展覧会案内 / これまでの特別展・企画展

特別展・企画展(令和6年度)

仙台市博物館再開館記念祭企画展「こりゃ めでたい」

会期:令和6年4月2日(火曜日)~令和6年5月26日(日曜日)

再開館を祝し、大名家の婚礼調度をはじめ、おめでたいしるしを表した資料や縁起物などを吉祥の資料が魅せる色彩豊かな晴れやかな空間を、資料を身近に感じる体験とともにお楽しみいただく記念祭を開きます。松竹梅や七福神、福助などめでたいものが勢ぞろい。本展では「福で笑おう」をテーマに、見るだけでなく、触れる・探すといった体験やあそびを通して賑やかに、楽しみながら資料の魅力に迫ります。

画像/布袋置物

布袋置物 仙台市博物館所蔵

 

 

 天理大学附属天理参考館・天理図書館創立90周年特別展「大航海時代へーマルコ・ポーロが開いた世界ー」

会期:令和6年7月6日(土曜日)~令和6年8月25日(日曜日)

ヴェネツィアの商人である父とともにシルクロードを渡ったとされるマルコ・ポーロは、ヨーロッパに東洋の物語を伝えました。それは『東方見聞録』という一冊の書物の形をとり、多くの冒険者たちがこの本を手がかりに大海原を渡り、大航海時代を切り開きました。この展覧会では、大航海時代へと時代が動く大きなうねりと世界の広がりを、天理大学附属天理参考館・天理図書館の所蔵資料から解き明かしていきます。

 

親鸞聖人生誕850年特別展「親鸞と東北の念仏」

会期:令和6年9月10日(火曜日)~令和6年11月4日(月曜日・振替休日)

2023年は、浄土真宗の開祖・親鸞(1173~1262)の生誕850年にあたり、また2024年は親鸞が主著『教行信証(顕浄土真実教行証文類)』を著してからちょうど800年となります。この展覧会では、東北地方で阿弥陀念仏が広がっていった歴史や文化について、浄土真宗各派の寺院に伝えられた貴重な文化財を通じて紹介します。

 

企画展「新収蔵品展(仮)」

会期:令和7年3月22日(土曜日)~令和7年5月11日(月曜日)

仙台市博物館の収蔵品の多くは、市民の皆様からのご厚意によりご寄贈いただいたものです。この企画展では近年博物館が収蔵した寄贈資料・購入資料を紹介します。

画像/伊達政宗書状 八久右(八嶋久右衛門増行)宛

伊達政宗書状 八久右(八嶋久右衛門増行)宛
(文禄2年・1593)12月10日
仙台市博物館蔵(杉村顕道コレクション)

 

 

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ

教育局博物館

仙台市青葉区川内26

電話番号:022-225-3074

ファクス:022-225-2558