English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

更新日:2020年6月14日

ここから本文です。

常設展

常設展 令和2年度の常設展予定

新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで、5月19日(火曜日)から再開館しました。
ご来館の際は「再開館のお知らせ」で新型コロナウイルス感染予防対策についてご確認いただき、ご協力をよろしくお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、今後も開館状況や会期などに変更がある場合がございます。その際は、ホームページ等でお知らせいたします。

常設展のご案内

しろ・まち情報広場の画像仙台市博物館では、季節ごとに大幅な展示替えを行い、常設展では約1,000点の資料を展示しています。
また、資料の持つ魅力を感じていただくために、できる限り実物の資料を展示しています。

 

 

 

NEW 6月2日(火曜日)から「近代の仙台画壇」を特集展示しています。会場:特集展示室
詳しくはこちらをクリックしてください。

 

重要文化財に指定される「伊達家文書」と「伊達家印章」をYouTube・ホームページでご覧いただけます

重要文化財指定を記念して4月1日から5月31日まで行った特集展示の様子を、伊達武将隊のご協力により、YouTubeでご覧いただけます。この機会に、伊達家の歴史にふれてみませんか。

 

旬の常設展2020春「伊達政宗と家臣たち」ほか 
4月1日(水曜日)から6月21日(日曜日)まで

伊達政宗所用の具足を展示するほか、政宗を支えた重臣について、政宗の書状などから紹介します。

総合展示室

ゾーン2.伊達政宗、仙台へ

  • 伊達氏の登場コーナー「奥羽の戦国大名」
    伊達氏を中心とした奥羽の戦国大名に関する資料を紹介
  • 仙台藩主、伊達政宗コーナー「黒漆五枚胴具足」 
    ※5月19日(火曜日)から5月31日(日曜日)まで
     ※終了しました。
    5月19日(火曜日)から5月31日(日曜日)の期間は、伊達政宗所用の黒漆五枚胴具足(重要文化財)を展示

黒漆五枚胴具足
重要文化財 黒漆五枚胴具足
伊達政宗所用 館蔵

ゾーン3.城

  • 仙台城のすがたコーナー「遺品にみる仙台城」 ※4月1日(水曜日)から6月14日(日曜日)まで
    仙台城跡出土遺物から、仙台城の姿を紹介
  • 藩主と夫人たちコーナー「仙台藩の奥方」 ※4月1日(水曜日)から6月14日(日曜日)まで
    藩主を支えた女性たちにかかわる資料を紹介

ゾーン4.藩

  • 仙台藩のようすコーナー「街道を歩く」 
    江戸時代の旅の行列図や、街道を行き来した人々の記録について紹介
  • 仙台藩の家臣たちコーナー「伊達政宗と家臣たち」
    伊達政宗を支えた重臣について、政宗の書状などから紹介

ゾーン5.町

  • 城下町仙台コーナー「城下の中心地 芭蕉の辻」 ※4月1日(水曜日)から6月14日(日曜日)まで
    芭蕉の辻の景観を描いた資料や建物の飾り瓦などを展示

竜の飾り瓦
芭蕉の辻建物の竜の飾り瓦 館蔵

  • 町のくらしコーナー「春の行事」 ※4月1日(水曜日)から6月14日(日曜日)まで
    木ノ下(現・若林区木ノ下)で行われた白山神社の祭礼の賑わいを描いた絵画や榴ケ岡(つつじがおか)の花見の様子を紹介

花見図屏風
榴ケ岡花見図屏風 館蔵(展示期間4月1日(水曜日)から5月10日(日曜日)まで) ※終了しました。

  • 教育と文化コーナー「仙台藩の学問と思想家」
    仙台藩の藩校・養賢堂(ようけんどう)、仙台藩ゆかりの学者・思想家である林子平(はやししへい)に関する資料を展示
  • 新たな時代へコーナー「玉蟲左大夫(たまむしさだゆう)の生涯」
    戊辰戦争において奥羽越列藩同盟の中枢で活躍した仙台藩士・玉蟲左大夫の関係資料を展示

ゾーン6.近代都市へのあゆみ

  • 戊辰戦争と明治維新コーナー「仙台藩の戊辰戦争前夜」
    開国をめぐり、幕府と朝廷が対立する中での仙台藩の動きを紹介
  • 近代都市仙台コーナー「『仙台の美と出会う』関連展示」
    企画展「仙台の美と出会う」開催に合わせ、福島家や福島家に関係した人々の資料を展示

特集展示室

近代の仙台画壇

※6月2日(火曜日)から7月12日(日曜日)まで

明治から昭和にかけて仙台の書画会などで活躍した遠藤速雄(えんどう はやお)や小圃六一(おばた ろくいち)、熊耳耕年(くまがみ こうねん)らの絵画を紹介

宮城十二景

遠藤速雄筆 宮城十二景 館蔵(伊澤家コレクション)

 

小圃六一筆 山水・花鳥図押絵貼屛風 館蔵(伊澤家コレクション)

 

重要文化財指定記念・特集展示「伊達家文書と藩主の印章」 ※終了しました。

※4月1日(水曜日)から5月31日(日曜日)まで

仙台伊達家に伝来した文書群と仙台藩主にまつわる印章から、江戸時代末期にいたる伊達家の歴史と文化をたどる。

足利尊氏袖判御教書
足利尊氏袖判御教書 館蔵

伊達重村所用印
七代藩主伊達重村所用印 館蔵

YouTubeでもご覧いただけます

奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」が、これらの資料の特集展示「伊達家文書と藩主の印章」をご自宅で楽しんでいただけるよう、YouTubeで紹介しています。伊達武将隊の皆さんと一緒に展示を見ているようで楽しく、また、分かりやすく学べる動画です。

YouTube(伊達武将隊公式チャンネル)の以下のページでご覧いただけます。

「政宗がゆく!」 仙台市博物館 伊達家文書&印章編

 ※動画制作:伊達武将隊(伊達武将隊公式ホームページ(外部サイトへリンク)

詳しくは、「トピックス(令和2年5月4日)」もご覧ください。

博物館ホームページでもご覧いただけます

おうちで楽しむ展覧会―重要文化財指定記念「伊達家文書と藩主の印章」』のページに資料の一部を掲載しています。

 

テーマ展示室1

「仙台藩の武器・武具」 ※4月1日(水曜日)から6月14日(日曜日)まで
仙台藩八代藩主・伊達斉村(なりむら)、十二代藩主・斉邦(なりくに)所用の具足など、仙台藩にまつわる武器・武具を展示

テーマ展示室2

「慶長遣欧使節」
ユネスコ記憶遺産・国宝の支倉常長像や、常長が日本に持ち帰った資料などを紹介

コレクション展示室1

「埋木細工(うもれぎざいく)」「そば猪口(ちょこ)」ほか
珍しい天然材料を使って作られた埋木細工や、様々な文様が面白いそば猪口のコレクションなどを展示

浮世絵コーナー「月岡芳年(つきおかよしとし)特集」 
幕末から明治前期にかけて活躍した浮世絵師・月岡芳年の作品の中から「魁題百撰相(かいだいひゃくせんそう)」シリーズなどを紹介

※浮世絵コーナーの展示は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、中止させていただきます。

コレクション展示室2

「仙台四大画家」 

※4月1日(水曜日)から6月14日(日曜日)まで ※展示期間を6月14日まで延長しました。
江戸時代後期に仙台で活躍した仙台四大画家(東東洋、小池曲江、菅井梅関、菊田伊洲)の作品を紹介

 

このページの先頭へ戻る