ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示 > 常設展 > 常設展

更新日:2017年12月7日

ここから本文です。

常設展

常設展 平成29年度の常設展予定

常設展のご案内

しろ・まち情報広場の画像

仙台市博物館では、季節ごとに大幅な展示替えを行い、常設展では約1,000点の資料を展示しています。
また、資料の持つ魅力を感じていただくために、できる限り実物の資料を展示しています。

伊達政宗生誕450年記念

2017年は伊達政宗生誕から450年の節目の年です。
当館ではこれを記念して、今年度の常設展に伊達政宗に関するテーマを設定し、関連資料を展示します。
内容は季節によって異なり、さまざまな角度から政宗の生涯やその足跡に迫ります。

  

旬の常設展2017秋冬「生誕450年ー伊達政宗と家臣たち」ほか ※9月12日(火曜日)から12月27日(水曜日)まで

【総合展示室】

ゾーン1.むかしの仙台

仙台のあけぼのコーナー「上ノ原山遺跡の仙台市内最古石器ほか」

仙台市内で最古となる石器と土器を展示

神仏への祈りコーナー「信仰の中の金工資料」

羽黒山出羽神社の御手洗池から出土した銅鏡などを展示

ゾーン2.伊達政宗、仙台へ

伊達氏の登場コーナー「奥羽の戦国大名」

「仙道人取橋合戦之図」など、伊達政宗の合戦を中心とした資料を紹介

仙台藩主、伊達政宗コーナー「重要文化財 黒漆五枚胴具足」 ※12月19日(火曜日)から12月27日(水曜日)まで

伊達政宗所用の、重要文化財 黒漆五枚胴具足を期間限定で展示

重要文化財 黒漆五枚胴具足の画像

重要文化財 黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用 館蔵 展示期間:12月19日から12月27日まで

ゾーン3.城

藩主と夫人たちコーナー「伊達政宗の文芸」

自筆の和歌など、政宗の文芸作品を紹介

武家のくらしコーナー「武家の服飾」

12月5日(火曜日)から12月27日(水曜日)の期間に、三沢初子所用帯(重要文化財)を展示

 三沢初子の帯(縞モール地花鳥文様帯)の画像

重要文化財 縞モール地花鳥文様帯(三沢初子所用帯のうち)※こちらの帯の展示期間:12月19日から12月27日まで

仙台城のすがたコーナー「仙台城の障壁画」

仙台城本丸大広間の障壁画を屛風にしたものと伝わる「扇面図屛風(せんめんずびょうぶ)」などを展示

 

ゾーン4.藩

仙台藩のようすコーナー「伊達政宗と家臣たち」

鈴木和泉守元信や石母田大膳宗頼など、政宗を支えた家臣たちについて、家臣の武器や書状などを通して紹介

ゾーン5.町

城下町仙台コーナー「政宗と仙台城下」

政宗の町づくりに関する資料や、町人たちが政宗との縁を伝える資料を紹介

町のくらしコーナー「谷風特集」

仙台藩領の出身で、江戸で横綱になった二代目谷風梶之助に関する資料を展示

谷風・小野川立会いの図の画像

谷風・小野川立会いの図 勝川春章画 館蔵 

教育と文化コーナー「仙台藩の学問と思想家」

仙台藩の医学教育に関する資料や「解体新書」の実物を展示するほか、「海国兵談」をはじめとする林子平関係資料を展示

解体新書の画像

解体新書 杉田玄白・前野良沢著 館蔵

 

ゾーン6.近代都市へのあゆみ

戊辰戦争と明治維新コーナー「仙台藩と戊辰戦争」

東北地方での戊辰戦争が起きる前の京都政局と仙台藩の資料を紹介

近代都市仙台コーナー「近代の郷土教育と伊達政宗」

近代の教育において、伊達政宗がどのような経緯で教えられてきたかなどを紹介

特集展示室

東東洋(あずまとうよう)の絵画(11月30日から12月27日まで)

仙台藩のお抱え絵師、東東洋によって描かれた仙台城二の丸や藩校・養賢堂の障壁画の遺品などを展示

松に山鳥図襖の画像

松に山鳥図襖 東東洋筆 館蔵

 

テーマ展示室I

仙台藩の武器・武具(12月5日から12月27日まで)

仙台藩歴代藩主の具足のうち、3代伊達綱宗、11代斉義(なりよし)、13代慶邦所用の具足を展示

テーマ展示室II

慶長遣欧使節(11月30日から12月27日まで)

ユネスコ記憶遺産・国宝の「支倉常長像」、「ローマ教皇パウロ五世像」をはじめ、常長が日本に持ち帰った資料などを展示

コレクション展示室I

東北のやきもの(11月28日から12月27日まで)

悪戸焼(青森県弘前市)、大堀相馬焼(福島県浪江町)など、東北地方の焼きものを約30点展示

白釉扇形皿の画像

白釉扇形皿 上野目焼(宮城県大崎市) 館蔵

年中行事と東北の古人形(11月28日から12月27日まで)

歳の市で売られた恵比寿や大黒、正月25日の初天神に祀られた展示など、年中行事に関わる人形を紹介

浮世絵コーナー「幕末・明治の錦絵71」

館蔵資料の中から、歌川国貞(三代豊国)の役者絵や、楊州周延(ようしゅうちかのぶ)の作品などを紹介

コレクション展示室II

阿部次郎コレクション(12月1日から12月27日まで)

阿部次郎コレクションの中から、江戸時代の絵画や版本などを紹介

 

 

ページの先頭へ戻る