ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示 > 常設展 > 常設展

更新日:2017年9月14日

ここから本文です。

常設展

常設展 平成29年度の常設展予定

常設展のご案内

しろ・まち情報広場の画像

仙台市博物館では、季節ごとに大幅な展示替えを行い、常設展では約1,000点の資料を展示しています。
また、資料の持つ魅力を感じていただくために、できる限り実物の資料を展示しています。

伊達政宗生誕450年記念

2017年は伊達政宗生誕から450年の節目の年です。
当館ではこれを記念して、今年度の常設展に伊達政宗に関するテーマを設定し、関連資料を展示します。
内容は季節によって異なり、さまざまな角度から政宗の生涯やその足跡に迫ります。

  

旬の常設展2017秋冬「生誕450年ー伊達政宗と家臣たち」ほか ※9月12日(火曜日)から12月27日(水曜日)まで

【総合展示室】

ゾーン1.むかしの仙台

神仏への祈りコーナー「中尊寺の美術」(9月12日から10月1日まで)

中尊寺に伝わる国宝 金字宝塔曼荼羅図(第八幀)や、国宝 礼盤(いずれも大長寿院蔵)などを展示

ゾーン2.伊達政宗、仙台へ

伊達氏の登場コーナー「奥羽の戦国大名」

「仙道人取橋合戦之図」など、伊達政宗の合戦を中心とした資料を紹介

ゾーン3.城

武家のくらしコーナー「武家の服飾」

特別展「伊達政宗」に関連して、政宗所用の白絹地雪薄紋単衣を展示(展示期間:9月12日から10月22日まで)

ゾーン4.藩

仙台藩のようすコーナー「伊達政宗と家臣たち」

政宗を支えた家臣たちについて、家臣の武器や書状等を通して紹介

ゾーン5.町

町のくらしコーナー「谷風特集」(9月5日から12月27日まで)

仙台藩領の出身で、江戸で横綱になった二代目谷風梶之助に関する資料を展示

ゾーン6.近代都市へのあゆみ

近代都市仙台コーナー「近代の郷土教育と伊達政宗」

近代の教育において、伊達政宗がどのような経緯で教えられてきたかなどを紹介

特集展示室

屏風絵 仙台四大画家特集(9月5日から10月1日まで)

江戸時代後期に活躍した東東洋・小池曲江・菅井梅関・菊田伊洲の作品を特集

テーマ展示室I

仙台藩の武器・武具(9月5日から9月24日まで)

上杉謙信所用と伝わる朱皺漆紫糸素懸威六枚胴具足 三宝荒神形兜付などを展示

テーマ展示室II

国宝 慶長遣欧使節関係資料(10月1日まで)

ユネスコ記憶遺産・国宝の支倉常長の肖像画や、常長が日本に持ち帰った資料を展示

コレクション展示室I

伊澤家コレクション(7月11日から10月6日まで)

今年1月に寄贈された伊澤家コレクションの中から、陶磁器や漆工芸品約15件を紹介

浮世絵コーナー「幕末・明治の錦絵71」

館蔵資料の中から、歌川国貞(三代豊国)の役者絵や、楊州周延(ようしゅうちかのぶ)の作品などを紹介

 

※特別展開催準備等のため、下記の期間において展示室を閉室します。

  • 特集展示室(10月3日から10月6日まで)
  • コレクション展示室I(10月7日から11月27日まで):特別展会場内のため閉室。浮世絵コーナーは常設展内に移動します。
  • テーマ展示室I(9月26日から10月6日まで)
  • テーマ展示室II(10月3日から10月6日まで)

 

ページの先頭へ戻る