English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

更新日:2018年6月19日

ここから本文です。

常設展

常設展 平成30年度の常設展予定

常設展のご案内

しろ・まち情報広場の画像

仙台市博物館では、季節ごとに大幅な展示替えを行い、常設展では約1,000点の資料を展示しています。
また、資料の持つ魅力を感じていただくために、できる限り実物の資料を展示しています。

今年は伊達綱村の三百回忌に当たることから、それを記念して、夏の常設展のうち「藩主と夫人たちコーナー」では綱村ゆかりの資料や事績について紹介します。

また、今年は戊辰戦争から150年となることを記念して、「新たな時代へ」「戊辰戦争と明治維新」および「近代都市仙台」のコーナーでは、幕府と朝廷の間で苦悩する幕末の仙台藩についてや、戊辰戦争後の仙台と『東北』について、様々な角度から紹介します。
また、重要文化財の黒漆五枚胴具足(伊達政宗所用)を期間限定で展示します。

旬の常設展2018夏「仙台藩四代藩主 伊達綱村ー没後300年」ほか
6月12日(火曜日)から9月9日(日曜日)まで

総合展示室

ゾーン1.むかしの仙台

  • 縄文人のくらしコーナー「上野遺跡の皮袋型土器と大野田遺跡のハート型土偶 ほか」
    標記の資料のほか、蔵王町下別当遺跡出土土器も展示
  • 神仏への祈りコーナー「信仰の中の金工資料」
    羽黒山出羽神社の御手洗池から出土した銅鏡などを展示

ゾーン2.伊達政宗、仙台へ

  • 達氏の登場コーナー「伊達氏の家臣たち」
    留守氏や片倉氏など、戦国大名伊達氏のもとで様々な役割を演じ、活躍した家臣たちの様子を、文書や絵画などから紹介
  • 仙台藩主・伊達政宗コーナー「重要文化財 黒漆五枚胴具足」
    伊達政宗の誕生日(永禄10年8月3日)にあわせて、7月31日(火曜日)から8月26日(日曜日)の期間限定で、重要文化財 黒漆五枚胴具足(伊達政宗所用)を展示

   ※今年度の「重要文化財 黒漆五枚胴具足(伊達政宗所用)」の展示は、7月31日(火曜日)から8月26日(日曜日)で最後になります。

重要文化財 黒漆五枚胴具足の画像

重要文化財 黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用 館蔵 ※展示期間:7月31日(火曜日)から8月26日(日曜日)まで

ゾーン3.城

  • 藩主と夫人たちコーナー「仙台藩四代藩主・伊達綱村―没後300年」
    本年は伊達綱村の三百回忌に当たることから、綱村ゆかりの資料や事績について紹介

伊達綱村画像 館蔵

伊達綱村画像 館蔵

  • 仙台城のすがたコーナー「伊達政宗と城」 ※5月29日(火曜日)から9月2日(日曜日)まで
    仙台城本丸の遺品と伝わる資料を展示
  • 武家の暮らしコーナー「お姫様の乗物」
    仙台藩十代藩主伊達斉宗(なりむね)の正室で、紀州徳川家から嫁いだ鍇姫(かたひめ)の竹菱梅葵紋蒔絵女乗物(たけびしうめあおいもんまきえおんなのりもの)(仙台市指定文化財)を展示

竹菱梅葵紋蒔絵女乗物

竹菱梅葵紋蒔絵女乗物 鍇姫所用 館蔵

ゾーン4.藩

  • 仙台藩の家臣たちコーナー「寛文事件」
    伊達騒動として知られる仙台藩の御家騒動について、新収蔵資料も交えて紹介

ゾーン5.町、ゾーン6.近代都市へのあゆみ

  戊辰戦争150年特集

  • 新たな時代へ・戊辰戦争と明治維新コーナー「戊辰戦争150年特集―仙台藩政の揺らぎ―」
    尊王攘夷運動が高まるなか、幕府と朝廷の間で苦悩する仙台藩について紹介
  • 近代都市仙台コーナー「戊辰戦争150年特集―戊辰戦争後の仙台と『東北』―」
    戊辰戦争が明治時代以降の仙台をはじめ、東北地方に与えた影響を様々な角度から紹介

 

特集展示室

おもしろいもの、見ぃつけた ※5月29日(火曜日)から7月8日(日曜日)まで

小さいものや長いもの、おばけに動物など様々なもののおもしろさを紹介
【組上絵】と呼ばれる昔のペーパークラフトから、大坂冬の陣の一場面を立体的に再現したもの(下記写真)や文字絵の世界などなど、数多く展示

起こし絵

 

コレクション展示室I

盆石・朝鮮の陶磁器ほか ※6月19日(火曜日)から9月2日(日曜日)まで

「盆石(ぼんせき)」のコーナーでは、「鎌倉」など伊達家に伝わった盆石を紹介

 

コレクション展示室II

所蔵品に見る仙台・宮城の伝統工芸 ※7月8日(日曜日)まで

企画展「手仕事の日本ー柳宗悦のまなざし」(6月3日(日曜日)まで開催 ※企画展は終了しました)に関連し、柳宗悦が『手仕事の日本』でも取り上げた常盤紺型(ときわこんがた)や埋木細工(うもれぎざいく)、白石紙布など館蔵の仙台・宮城の伝統工芸品を紹介

 

テーマ展示室I

仙台藩の武器・武具 ※5月29日(火曜日)から7月8日(日曜日)まで

没後300年にちなみ、伊達綱村所用の具足や、綱村夫人の仙姫所用の具足などを展示
(7月10日(火曜日)からは特集展示室で展示)

※伊達綱村所用の具足2領と綱村夫人の仙姫所用の具足1領を同時に見られる、大変貴重な機会です。とくに仙姫所用の具足は、女性用の具足で大変めずらしい資料です。

テーマ展示室II

慶長遣欧使節 ※5月29日(火曜日)から7月8日(日曜日)まで

ユネスコ記憶遺産・国宝の支倉常長像やローマ教皇パウロ五世像、常長が日本に持ち帰った資料などを展示
(7月10日(火曜日)からは特集展示室で展示)

特別展開催準備のため、7月10日(火曜日)から7月26日(木曜日)はテーマ展示室Ⅰ、テーマ展示室Ⅱ、コレクション展示室Ⅱを閉室します。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る