English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

更新日:2018年9月27日

ここから本文です。

常設展

常設展 平成30年度の常設展予定

常設展のご案内

しろ・まち情報広場の画像

仙台市博物館では、季節ごとに大幅な展示替えを行い、常設展では約1,000点の資料を展示しています。
また、資料の持つ魅力を感じていただくために、できる限り実物の資料を展示しています。

旬の常設展2018秋「戊辰戦争150年特集―戊辰戦争に関わった仙台ゆかりの人々」ほか
9月11日(火曜日)から12月2日(日曜日)まで

今年は戊辰戦争・明治改元から150年の節目の年です。江戸幕府から明治政府へと政治権力が移ったこの年、仙台藩もまた戊辰戦争を戦い、降伏して明治の世を迎えました。

「新たな時代へ」「戊辰戦争と明治維新」「近代都市仙台」コーナーでは、特別展「戊辰戦争150年」と関連して、幕末から明治にかけてさまざまな分野で活躍し、近代日本や都市仙台の発展に貢献した仙台ゆかりの人物を紹介します。

総合展示室

ゾーン1.むかしの仙台

  • 神仏への祈りコーナー「信仰の中の金工資料」
    山形県・出羽三山神社所蔵の銅鏡(重要文化財)を展示

ゾーン2.伊達政宗、仙台へ

  • 伊達氏の登場コーナー「伊達氏、戦国の世へ」
    戦国大名へと成長する以前の鎌倉・南北朝・室町時代の伊達氏の動きを紹介

ゾーン3.城

  • 仙台城のすがたコーナー「伊達政宗と城」 ※9月4日(火曜日)から11月25日(日曜日)まで
    政宗晩年の居城、若林城の遺品と推測される資料などを展示。
    10月14日(日曜日)までは「萩に鹿図屛風」(左隻)、10月16日(火曜日)から11月25日(日曜日)の期間は「菊花図屛風」を展示。
  • 藩主と夫人たちコーナー「歴代仙台藩主 伊達綱宗」
    三代藩主・伊達綱宗の描いた絵や隠居後のくらしぶりを紹介
  • 武家のくらしコーナー「武家の装飾」
    10月30日(火曜日)から12月2日(日曜日)の期間は、三代藩主伊達綱宗の側室・三沢初子所用の帯を、展示替えしながら紹介

三沢初子所用帯縞モール花鳥模様帯
重要文化財 三沢初子所用帯縞モール花鳥模様帯 館蔵
展示期間:11月20日(火曜日)から12月2日(日曜日)まで

ゾーン4.藩

  • 仙台藩のようすコーナー「仙台藩の狩り」
    藩主の鷹狩りや、鷹狩りに関わる仙台藩の行事などについて紹介

ゾーン5.町

  • 城下町仙台コーナー「幕末の仙台城下の風景」
    戊辰戦争時、政治の舞台となった仙台城下の施設を紹介
  • 町のくらしコーナー「東照宮祭礼」 ※9月4日(火曜日)から11月25日(日曜日)まで
    仙台城下で最大の規模をほこった祭りである東照宮祭礼の関係資料を紹介

ゾーン5.町、ゾーン6.近代都市へのあゆみ

  • 「新たな時代へ」「戊辰戦争と明治維新」「近代都市仙台」コーナー
    「戊辰戦争150年特集―戊辰戦争に関わった仙台ゆかりの人々」

    特別展「戊辰戦争150年」と関連して、幕末、明治期に活躍した仙台藩ゆかりの人々を紹介

特集展示室

「慶長遣欧使節」

9月11日(火曜日)から12月16日(日曜日)の期間は、国内では85年ぶりに発見された「ローマ教皇謁見図」(『伊達政宗遣欧使節記』ドイツ語版)を展示

「仙台藩の武器・武具」

9月11日(火曜日)から10月14日(日曜日)の期間は、片倉重綱所用の具足と、七代藩主伊達重村所用の具足を展示。10月16日(火曜日)から12月16日(日曜日)は、十三代藩主伊達慶邦(よしくに)、伊達茂村(もちむら)の具足を展示。また、10月28日(日曜日)までの期間限定で、伊達家伝来の「水玉模様陣羽織」を展示。

水玉模様陣羽織
水玉模様陣羽織 館蔵
展示期間:9月11日(火曜日)から10月28日(日曜日)まで

コレクション展示室Ⅰ

「江戸時代の蒔絵―風景と物語―」「埋木細工・漆手板」 ※9月4日(火曜日)から11月25日(日曜日)まで

江戸時代の蒔絵作品や、天然材料を使って作られた埋木細工、産業工芸試験所東北支所で制作された漆手板などを展示

浮世絵コーナー「幕末・明治の錦絵 月岡芳年特集」 ※9月11日(火曜日)から12月16日(日曜日)まで

月岡芳年が描いた「風俗三十二相」シリーズなどの美人画の他、歴史画や時事絵などを展示

※特別展開催準備のため、10月2日(火曜日)から10月25日(木曜日)の期間において、テーマ展示室Ⅰ、テーマ展示室Ⅱ、コレクション展示室Ⅱを閉室します。

ページの先頭へ戻る