English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示のご案内 > 特別展・企画展(平成30年度)

更新日:2021年3月29日

ここから本文です。

特別展・企画展(平成30年度)

開催中の展覧会案内 次回展覧会予告

<これまでの特別展・企画展>

平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度平成29年度|平成30年度|
平成31年度(令和元年度)令和2年度令和3年度

特別展・企画展(平成30年度)

企画展 宮城県民芸協会設立50周年記念
日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本 ―柳宗悦のまなざし― 〈終了〉

 会期:平成30年4月20日(金曜日)~平成30年6月3日(日曜日)

【展覧会の概要】

大正時代末期、思想家・柳宗悦(やなぎ むねよし)らは「民藝(みんげい)」(日常の生活用具)のなかに美術品に劣らぬ美しさがあることを唱えた民芸運動を展開しました。
宮城県民芸協会の設立50周年を記念した本展では、柳が民芸の美に目覚めるきっかけとなった作品のほか、柳の著書『手仕事の日本』に掲載される各地の民芸品、芹沢銈介(せりざわ けいすけ)作「日本民藝地図」などの展示を通して、東京・日本民藝館所蔵の優品により、柳が見出した手仕事文化をご紹介します。

 

特別展 古代アンデス文明展 〈終了〉

 会期:平成30年7月27日(金曜日)~平成30年9月30日(日曜日)

【展覧会の概要】

この展覧会は、先史時代から約15,000年の間に生まれたアンデス文明の全体像を紹介するものです。
約200点の貴重な資料からナスカ、モチェ、シカンといった代表的な9つの文化の特徴や影響関係を追い、インカ帝国へ至る壮大な歴史をたどります。

 

特別展 戊辰戦争150年 〈終了〉

 会期:平成30年10月26日(金曜日)~平成30年12月9日(日曜日)

【展覧会の概要】

慶応4年(1868)正月の鳥羽・伏見の戦いを皮切りに、日本各地で起きた戦闘を戊辰(ぼしん)戦争といいます。この展覧会では、開国を引き起こした幕末の動乱から、東北・新潟地方の戊辰戦争とその後までを、奥羽越列藩同盟を中心に紹介します。本展は、新潟県立歴史博物館・福島県立博物館との巡回展となり、それぞれの地域の戊辰戦争関係資料が一堂に会する貴重な機会となります。

 

このページの先頭へ戻る