現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 8月 > 新型コロナウイルス感染症対応検証結果報告書を取りまとめました(発表内容)

更新日:2020年8月6日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対応検証結果報告書を取りまとめました(発表内容)

令和2年8月5日

 

本市の新型コロナウイルス感染症対応につきまして、検証結果(PDF:6,505KB)を取りまとめましたのでお知らせをいたします。この報告書はおおむね本年1月末から6月末までを対象期間としております。この間の取り組みを振り返り、評価や課題を洗い出すとともに、今後の対応に生かすことを目的に行ったものでございます。

主な検証結果について、ご説明申し上げます。

はじめに(1)医療提供体制です。PCR検査につきましては、国の方針を踏まえながらもクラスター発生時などは市独自に検査対象を広げるなど、柔軟に対応してきたところです。この間、検査能力も拡充してまいりましたが、今後さらなる検査需要の増加を見込み、衛生研究所における検査能力の強化を進めるほか、仙台市医師会等の関係機関との連携を深めながら検査体制の向上に努めてまいります。発熱患者への対応についてです。3月下旬からの感染拡大期において、一部の医療機関で発熱患者を受け入れることができず、結果として受診できないといった事案がございましたが、市医師会のご協力の下、7月1日より受診可能な医療機関の情報提供を行う取り組みを開始いたしました。

次に(2)予防・まん延防止に関する検証でございます。情報発信につきましては、市ホームページのレイアウトを工夫するとともに、動画を含めました各種媒体を活用してまいりました。今後も迅速かつ適切な情報提供を行ってまいります。学校についてでございます。始業式や入学式の延期につきましては、児童生徒の健康や安全を第一と考えた上でのやむを得ない判断ではございましたが、十分な周知が行えず、多くの皆さま方にご迷惑をおかけしてしまいました。保護者に迅速、確実に周知するために連絡手段の充実を図ってまいります。

(3)市民生活及び市民経済安定の確保でございます。この間、公的支援へのニーズの変化を捉えながら状況に応じた緊急経済対策を実施してまいりました。各種相談や申請処理等に必要な体制を確保するとともに、今後も地域経済を後押しするための対策を適宜適切に実施してまいります。

最後に(4)実施体制についてです。保健所をはじめ特別定額給付金に関する業務など増大した事務量、業務量によって、局区内で応援体制を構築する、あるいはまた人事異動によって対応してきたところでございますが、人員の捻出や専門職の確保に課題も生じました。引き続き適切な組織体制や応援体制の構築に努めてまいります。

本市におきましては、6月中旬以降に確認をされました患者数が4月下旬までの患者数を超える状況になっております。さらに今後は季節性のインフルエンザとの同時流行なども想定されるところです。今回の検証結果を最大限生かしながら、感染症対策のさらなる充実を図り、全庁一丸となって感染拡大の大きな波に備えてまいります。

 

仙台市長 郡 和子

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ