現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 8月 > 令和2年第3回定例会に提出する議案について(発表内容)

更新日:2020年8月26日

ここから本文です。

令和2年第3回定例会に提出する議案について(発表内容)

令和2年8月25日

 

 

令和2年第3回定例会に提出をいたします議案についてお知らせをいたします。招集日ですが9月4日(金曜日)の予定でございます。

議案の件数ですが、現時点では条例案件が6件、その他案件が10件、人事案件が4件、補正予算が6件、決算認定等に関する件が7件の合計33件でございます。

はじめに、主な条例案件等についてご説明をいたします。まず資料1(PDF:186KB)をご覧ください。その中の「1 仙台市市税条例の一部を改正する条例」でございます。これは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために中止等となったイベントにつきまして、チケットの払い戻しを受けずに、その権利を放棄した場合の特例措置として、個人市民税における寄付金税額控除を受けられることにする等のものでございます。次に「7 工事請負契約の締結に関する件」でございます。青葉山公園追廻(おいまわし)地区への設置を進めております、(仮称)公園センターの新築工事を行うものでございます。

続きまして、補正予算案につきまして概要をまとめました資料2-1(PDF:257KB)に基づいてご説明を申し上げます。今回の補正は、一般会計において73億2千万円を増額する一方で、年度内実施が困難である事業や縮小・延期が可能な事業等につきまして44億9千8百万円を減額することといたしまして、それにより28億2千2百万円の増額補正を行うこととしております。また特別会計において1億8千万円の増額、企業会計において8億4千6百万円の減額を行うこととしております。

一般会計の主な補正項目です。健康福祉費では災害時医療対策事業費を追加しております。これは市内の診療所等におけるPCR検査等の実施に対する補助や、初期救急医療体制の強化を行う等のものでございます。また感染症発生動向調査事業費の追加といたしまして、PCR検査等に係る自己負担分を本市が負担する経費などでございます。加えて感染症対策事業費の追加としてドライブスルー検査場の設置負担金などを計上しております。次に経済費では、社会経済活動を維持するために業種別ガイドラインに基づき感染防止対策を実施する事業者に対する奨励金を計上しております。また複数の感染者が発生した場合、感染症拡大防止のために施設名の公表等に協力をした事業者に対する特別支援金を計上しております。土木費ではタクシー事業者の運行の継続を支援するための奨励金を計上しております。教育費では、小中学校における教員用の端末の整備や既存端末の更新、市立高校における端末の円滑な導入に要する経費を追加しております。次に特別会計でございます。国民健康保険事業特別会計では保険料減免対象世帯への還付金を追加するほか、中央卸売市場特別会計では過徴収となっていた工業用水使用料の還付等に要する経費を追加するとともに、施設使用料の減免に伴う財源補正等を計上しております。最後に企業会計でございますが、自動車運送事業会計それから高速鉄道事業会計におきまして、新型コロナウイルス感染症の影響による乗車料収入の減を見込むとともに、これに対応するための経費等の減や特別減収対策企業債の借り入れ、これを追加しています。また病院事業会計では、国の慰労金交付事業に基づき、職員等に対して慰労金を支給する経費を計上しております。


仙台市長 郡 和子

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ