現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 8月 > 新型コロナウイルス感染症に対応した経済対策(第5弾)を実施します(発表内容)

更新日:2020年8月26日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に対応した経済対策(第5弾)を実施します(発表内容)

令和2年8月25日

 

 

新型コロナウイルス感染症への対応として、第5弾の経済対策を取りまとめましたのでお知らせをいたします。感染症の収束というのがいまだその兆しが見えない中で、地域経済へのさらなる打撃というのが懸念をされています。先行き不透明な状況への不安感を払拭して地域経済の再生が確実に進み活性化していくように、企業の感染症に対する取り組みと事業継続への支援を柱といたしました6つの対策を実施するものでございます。

1点目は感染症拡大防止に向けた取り組み支援です。仙台商工会議所、みやぎ仙台商工会と共に感染症対策の徹底と地域経済活性化の両立に向けたプロジェクトに取り組んでまいります。また市独自の支援策といたしまして、先ほど補正予算案の中でご説明いたしましたとおり、感染防止対策を実施する事業者に奨励金を、また施設名の公表等に協力をした事業者に特別支援金を支給いたします。2点目でございます。資金繰り支援です。財務体質の強化のために資本性ローンや民間金融機関からの協調融資を受けた事業者に対しまして給付金を支給いたします。そして3点目は雇用支援でございます。雇用の維持に苦慮する業界と人手不足が生じている業界の二極化が進んでいる状況を踏まえまして、産業雇用安定センターと連携をし、出向などによる雇用シェアの取り組みを支援します。4点目です。「新しい生活様式」を踏まえたビジネススタイルであるテレワークの導入が進むよう、体験イベントや展示会などを実施いたします。5点目は販路拡大支援でございます。仙台駅の構内に期間限定で販売ブースを設け、売り上げが大きく減少している地域産品等の販売・プロモーションを実施いたします。そして6点目でございます。事業継続に向けた個別支援です。中央卸売市場の流通機能の維持を図るために市場関係者の施設使用料を1カ月分減免するほか、公共交通事業者への奨励金の支給対象にタクシー事業者を追加いたします。

これらの経済対策第5弾に要する経費ですが、総額で約10億4千万円となります。このうち約10億3千万円を先ほどご説明いたしました補正予算で計上しているところでございます。

地域経済の主役である中小企業の皆さまの再起を全力で下支えするとともに、引き続き感染症対策に力を尽くしてまいります。

 

 

仙台市長 郡 和子