現在位置ホーム > 新型コロナウイルス感染症特設ページ > 市民の皆さまへ > 相談窓口・感染予防のために(新型コロナウイルス感染症関連)

更新日:2020年8月14日

ここから本文です。

相談窓口・感染予防のために(新型コロナウイルス感染症関連)

新型コロナウイルス感染症について

 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

  • 飛沫感染について
    感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染について
    感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

感染予防のために気を付けていただきたいこと

 まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

 また、新型コロナウイルス感染症対策には、以上に加え「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けることが大切です。特に、持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

  • 正しい手洗いについて
    正しい手洗いの方法

 

  • 咳エチケットについて
    咳エチケットについて

 

  • 3つの密を避けましょう

 三密について

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

 新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。
このため、飛沫を吸い込まないよう人との距離を確保し、会話時にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。
さらに、身の回りのモノを消毒することで、手指につくウイルスを減らすことが期待できます。
現在、「消毒」や「除菌」の効果をうたう様々な製品が出回っていますが、目的にあった製品を、正しく選び、正しい方法で使用しましょう。
具体的な方法については、下記ホームページをご覧ください。

 新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)(外部サイトへリンク)

重症化しやすい方で発熱や咳などの症状がある場合はご注意ください

高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は、新型コロナウイルス感染症に感染した際に重症化しやすいとされています。

発熱や咳などの症状がみられる場合は、下記コールセンターにご相談ください。

  • 受付時間:24時間
  • 電話番号:022-211-3883、022-211-2882

本市作成の新型コロナウイルス感染症に係る資料について

 新型コロナウイルスを含む感染症対策をまとめた資料を作成しました。
ダウンロード、印刷してご活用ください。

 新型コロナウイルス感染症について知っていただきたいこと(PDF:673KB)

相談窓口について

厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)

厚生労働省では、新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)を1月28日(火曜日)18時より設置しています。

  • 受付時間:午前9時から午後9時まで
  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

仙台市・宮城県の健康電話相談窓口(コールセンター)

新型コロナウイルス感染症に関する健康電話相談窓口(コールセンター)を2月4日(火曜日)9時より設置しています。

  • 受付時間:24時間
  • 電話番号:022-211-3883022-211-2882

※9時から11時までの時間帯は、お電話が込み合うことがございます。
お急ぎでない方につきましては、9時から11時までの時間帯を避けてコールセンターへご連絡いただきますようお願いいたします。

コールセンターへご連絡をお願いします

 次のいずれかに該当する方は「仙台市宮城県相談窓口(コールセンター)」にご相談ください。(電話番号022-211-3883または022-211-2882)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。
    症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

※以上に該当しない場合のご相談も可能です。
※持病がある方は、事前に電話でかかりつけ医にご相談ください。

コールセンターでは、症状等を詳しくお聞きした上で、帰国者・接触者相談センターへおつなぎする場合と、一般の医療機関の受診等をご案内させて頂く場合があります。
帰国者・接触者相談センターでは相談の結果、新型コロナウイルス感染症に感染している疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介します。
マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにコールセンターにご相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)
小児については、小児科医による診察が望ましく、コールセンターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

聴覚や言語に障害がある方へ

聴覚や言語に障害のある方の相談は、専用に次の方法で相談を受付しております(聴覚や言語に障害のある方を対象にしていますので、対象外の方は電話での相談をお願いします)。

相談を希望する場合には、下記の健康相談票に記入し、(1)または(2)のいずれかの方法でご相談ください。

回答にお時間を要する場合がありますので、緊急を要する症状がある場合は、救急車を要請してください。

健康相談票(ファクス・メール用)(PDF:639KB)

(1)ファクス番号:022-211-3192
受付時間:24時間対応

(2)メールアドレス:sodan-corona@city.sendai.jp
受付時間:平日 午前8時30分から午後5時15分まで。お急ぎの方は、ファクスをご利用ください。

新型コロナウイルス感染拡大で不安等を感じていらっしゃる方へ

気持ちを誰かに話したり相談したりすることで、つらさがやわらぐことがあります。お一人だけで抱え込まずに、ご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に関するこころの電話相談(はあとライン)
  • 電話番号:022-265-2229
  • 受付時間:平日午前10時~12時、午後1時~4時
  • 匿名で相談可能です。
  • 新型コロナウイルスに限らない、一般的な心の悩みもお受けしております。

新型コロナウイルス感染拡大で不安等を感じていらっしゃる方へ(PDF:192KB)

退院または療養が解除された皆様へ

現時点で他の人への感染性はないと考えられますが、稀な事例として、新型コロナウイルス感染症の症状が再び出現する方が確認されております。

そのため、帰宅後4週間は以下の点に留意いただきますようお願いします。

一般的な衛生対策を徹底してください

 石けんやアルコール消毒液を用いて手洗いをしてください。

 咳エチケット(マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って口や鼻をおさえる、マスクの着用等)を守ってください。

健康状態を毎日確認してください

 毎日、体温測定を行い、発熱(37.5℃以上)の有無を確認してください。

咳や発熱などの症状が出た場合

 速やかにお住いの区の管理課に電話で連絡し、その指示に従い、外出時には必ずマスクを着用して、必要に応じて指示された医療機関を受診してください。

 相談窓口への電話連絡及び医療機関の受診に当たっては、あらかじめ新型コロナウイルス感染症で入院していたことを必ずお伝えください。

各区保健福祉センター管理課の連絡先

  青葉区保健福祉センター(管理課)022-225-7211(代表)

  宮城野区保健福祉センター(管理課)022-291-2111(代表)

  若林区保健福祉センター(管理課)022-282-1111(代表)

  太白区保健福祉センター(管理課)022-247-1111(代表)

  泉区保健福祉センター(管理課)022-372-3111(代表)

新型コロナウイルス感染症に関する「各種証明書」について

仙台市保健所では医師や自治体にPCR検査が必要と判断されていない方について
「各種証明書(陰性証明書、治癒証明書)等」は発行していません。

(参考)ビジネス渡航者へのPCR検査の検体採取および検査証明の発行が可能な医療機関(外部サイトへリンク)

その他感染症に関する問い合わせ先

  • 青葉区保健福祉センター(管理課)022-225-7211(代表)
  • 宮城野区保健福祉センター(管理課)022-291-2111(代表)
  • 若林区保健福祉センター(管理課)022-282-1111(代表)
  • 太白区保健福祉センター(管理課)022-247-1111(代表)
  • 泉区保健福祉センター(管理課)022-372-3111(代表)
  • 健康福祉局保健所健康安全課 022-214-8029(直通)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915