現在位置ホーム > 新型コロナウイルス感染症特設ページ > 事業者の皆さまへのお願い > 高齢者施設等の入所者で陽性が確認された場合の対応

更新日:2022年3月1日

ここから本文です。

高齢者施設等の入所者で陽性が確認された場合の対応

高齢者施設等の入所者で陽性が確認された場合の対応

高齢者施設等の入所者で陽性が確認された場合には、保健所から施設へ疫学調査の聞き取りを行わせていただきます。

1.保健所から施設への確認内容と感染対策の対応等について

高齢者施設等において、入所者の方で陽性が確認された場合、今後の対応を検討するために、陽性者の状況等について保健所から施設へお電話やメール等で以下の内容を確認しております。

お手数をおかけしますがご協力をお願いします。

・概要版(新規陽性者が発生した場合の対応)(PDF:508KB)

・詳細版(新規陽性者が発生した場合の対応)(PDF:1,277KB)

詳細版には、ゾーニング・防護具等の感染対策など発生時の対応方法も掲載しております。

現在、高齢者施設の入所者で陽性が確認される事例が多い状況のため、詳細版のとおりの対応が難しい場合等もございます。

陽性者の日々の健康観察表

健康観察表(エクセル:12KB)

 

2.施設内での療養について

現在、新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴い、高齢者施設等の入所者で 陽性が確認された場合には、施設等において療養継続となることも考えられます。その際の対応方法について、以下に記載しております。

・概要版(陽性の入所者が施設内で療養する場合の対応)(PDF:484KB)

・詳細版(陽性の入所者が施設内で療養する場合の対応)(PDF:597KB)

現在、高齢者施設の入所者で陽性が確認される事例が多い状況です。

詳細版のとおりの対応が難しい場合等もございます。

 

3.個人防護具の着脱方法

ゾーニングを行った際には、以下を参考に、個人防護具の脱着の練習を行いレッドゾーンに入りましょう。

個人防護具の着脱の動画


レッドゾーンに入るとき(外部サイトへリンク)


レッドゾーン内での標準予防策の追加(外部サイトへリンク)

必要な防護具と準備物、着脱時のポイント

 必要な防護具と準備物、着脱時のポイントのスライド(PDF:835KB)

※防護具については、他の着脱方法もあります。施設において、既に他の着脱方法を導入済みの場合には、そのまま継続することも可能です。

 

4.発生届出の提出について

症状のある入所者については、施設の嘱託医師やかかりつけ医師に相談し、新型コロナウイルス検査の実施等の指示を受けてください。

医師が検査を実施、もしくは医師の指示のもと検査を行い、新型コロナ陽性と判明した場合は、医師から保健所へ発生届の提出をお願いします。

保健所では、発生届の提出をもって新型コロナ陽性患者として対応いたします。(発生届が提出されない場合、保健所では入院調整等を行うことができません)

発生届出

発生届出様式(ワード:27KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局感染症対策室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915