更新日:2017年11月9日

ここから本文です。

感染性胃腸炎

今シーズン初の感染性胃腸炎の集団感染を疑う事例が発生しました!

感染性胃腸炎は、年間を通して発生しており、特に冬季には流行しますので、市民の皆様におかれましては、手洗い等感染予防対策に十分留意いただきますようお願いいたします。

  • 平成29年9月19日、市内で今シーズン初めて感染性胃腸炎の集団発生が疑われる事例が発生しました。
  • 集団生活施設においては、経口感染や飛沫感染等により集団発生が起こりやすいものと推察されますので、流水・石けんによる手洗いの励行、嘔吐物や下痢便の適切な処理等の感染予防対策に努めましょう。

症状治療方法感染経路感染予防・拡大防止

※定点医療機関あたり報告数:市内の小児科定点医療機関から報告された患者数を、その週の報告医療機関数で割ったもの(人/定点)です。

※感染症発生動向調査での発生状況は、「感染症情報」をご覧ください。

感染性胃腸炎とは

細菌又はウイルスなどの感染性病原体による嘔吐、下痢を主症状とする感染症です。原因はウイルス感染(ロタウイルス、ノロウイルスなど)が多く、毎年秋から冬にかけて流行します。また、エンテロウイルス、アデノウイルスによるものや細菌性のものもみられます。

 ノロウイルス・ロタウイルスによる感染性胃腸炎について

症状

潜伏期間は(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

 治療方法

現在、ノロウイルス・ロタウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。このため、通常、脱水症状がひどい場合に輸液を行うなどの対症療法が行われます。

 感染経路

ほとんどが経口感染ですが、とくにノロウイルスの場合は、次のような感染経路があると考えられています。

  1. 汚染されていた貝類を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
  2. 食品取扱者が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合
  3. 患者のふん便や吐ぶつから二次感染した場合

また、家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ直接感染するケースもあるといわれています。

 感染予防・拡大防止

予防について

  • 手洗いを励行する。特に食事の前、トイレの後、おむつの交換の後などに石けんと流水でよく手を洗う。⇒正しい手洗いの方法について
  • 食品は十分に加熱調理(85℃~90℃で90秒以上)する。

嘔吐・下痢などの症状が出たときの対応について

  • ふん便、吐ぶつを処理する時は、使い捨てのマスクと手袋を着用し、汚物中のウイルスが飛び散らないよう注意する。
  • 手すり、ドアノブ、床等を塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)などで清拭する。
  • 下痢などの症状が見られるときの入浴は、できるだけ浴槽に入らず、掛け湯かシャワーで済ませる。
  • バスタオルや手拭タオルは共有せず、個別のものを使用する。

詳しい予防方法等は「ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

施設に入所する家族等への面会について

  • 風邪様の症状や吐き気・下痢等の症状がある方は、原則として面会を自粛する。やむを得ない場合には、マスクの着用や面会時間を最小限とするなどの配慮をする。
  • 施設等に掲示してある面会時の注意事項を確認して遵守する。また、入り口等に設置してある消毒剤の使用を心がける。

仙台市における感染性胃腸炎の集団感染が疑われる事例の公表件数

仙台市では、市内保育施設や小中学校、高齢者施設等で感染性胃腸炎の集団感染が疑われる事例があった場合、公表しています。
※集団感染:同一施設内の患者が1週間以内に概ね10名以上発生した場合

仙台市における感染性胃腸炎の集団感染が疑われる事例の公表件数(JPG:109KB)

今シーズン(平成29年9月以降)の集団感染事例

平成29年9月以降の集団発生事例の概要
公表日 施設の種類 患者数 期間 主要症状 検査の結果
(利用者・児童等/職員等)
9月19日 若林 保育施設等

21

9月1日~ 嘔吐、下痢 ノロウイルス陽性1名
(20/1) 9月18日 発熱
11月9日 太白 保育施設等

17

10月27日~ 嘔吐、下痢 ノロウイルス陽性3名
(15/2) 11月8日 発熱、腹痛

※集団感染:同一施設内の患者が1週間以内に概ね10名以上発生した場合

※保育施設等:保育所、認定こども園、小規模保育事業所等

過去の集団発生はこちらをご参照ください。

病気、予防法等について、詳しくは、主治医または最寄りの保健福祉センターにお問い合わせください。

  • 青葉区保健福祉センター(管理課)022-225-7211(代)
  • 宮城野区保健福祉センター(管理課)022-291-2111(代)
  • 若林区保健福祉センター(管理課)022-282-1111(代)
  • 太白区保健福祉センター(管理課)022-247-1111(代)
  • 泉区保健福祉センター(管理課)022-372-3111(代)

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915