更新日:2020年3月26日

ここから本文です。

株式会社ナナイロ(平成28年度 優秀賞)

会社概要

表彰式(ナナイロ)

社名:株式会社ナナイロ

設立:2005年10月

従業員:93名

本社:仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル

主な事業内容:ソフトウェア開発、ウェブサイト制作、デザイン、店舗運営、ペットサービス、他

その他:仙台市奨学金返還支援対象企業

 

「四方よし」な取り組み内容

事業活動そのものや本業のノウハウを活かした活動を通じて、地域社会の発展及び市民生活の向上に寄与する優れた取り組み(平成28年度 評価項目)
テーマ

概要

審査委員会での講評

IT×クリエイティブ 仙台・宮城の伝統工芸の活性化や継承を目的としたオンラインのクラフトショップ運営

 

 IT分野のノウハウを活かし、伝統工芸品の販売や価値発信を行い、伝統産業を活性化

 伝統工芸品をWEBサイトに取り上げて終わりではなく、新たなニーズに則した商品を生み出し、その価値を発信し、売れる仕組みをワンストップで構築することで、伝統産業の活性化に貢献している点を高く評価いたしました。また、新たな価値を付与することにより、継承が危ぶまれている伝統工芸品の後継者の確保・育成といった課題を解決する一助となり得るという点で、大きな社会的意義を持つものと評価いたしました。

 さらに、職場環境づくりの面では個々の社員の状況に応じた柔軟な勤務体制を導入するなど、魅力的で働きやすい環境づくりにも熱心に取り組んでいることから、「四方よし」を高いレベルで実践しているものと評価し、優秀賞といたしました。

 

トップインタビュー

 情報通信技術(ICT)を生かしたサービスを提供する「ナナイロ」(仙台市青葉区)は、2016年度の「仙台『四方よし』企業大賞」優秀賞を受賞した。ソフトウエア開発やウェブサイト制作、医療コンサルティング事業、ペットシッターサービスなど、社名の通り多彩な事業を展開している。

中嶋竜大社長

 受賞理由の一つになったのが、東北の伝統工芸品を扱うオンラインショップの運営だ。クラフト品、生活雑貨、ペット関連商品のセレクトショップ「STARRY(スターリー)」をのぞくと、かわいらしい表情のこけしたちや、こけしをモチーフにした小物入れ、イヤホンジャックなどの雑貨が目を引く。遠刈田、弥治郎、作並、鳴子といった伝統こけしの工人が制作している。中嶋竜大代表取締役社長は「伝統柄を尊重しているのが特長。伝統産業に携わる仕事の魅力をアピールしたかった」と産業の活性化や技術継承も視野に入れる。

 ナナイロは16年10月、中嶋社長が代表を務めていたソフトウエア開発の「Sunnyday」と、現ナナイロ会長の父、巌さんが社長だった同業の「PRO&BSC」が合併してできた。

 Sunnydayは中嶋社長が東日本大震災後、当時勤務していた米ニューヨークから古里の仙台に戻った際に、オンラインショップ運営者の育成事業で出会った仲間と設立した。12年の起業当初からオンラインショップで伝統こけしを扱いたいと考えていたところ、仙台市の「伝統産業高付加価値化支援事業」の一環でこけしの新商品開発の打診を受け、弾みがついた。

こけしこよみシリーズ

 その時に開発した「こよみこけしシリーズ」は今も人気の商品だ。高さ約12センチと手にしやすいサイズで、第1弾の「花こよみ」は1月から12月までの12体に「松と南天」「桜」「紅葉」など四季折々の草花をあしらった。第2弾の「旅こよみ」には、蔵王のお釜や広瀬川、七夕、動物園や水族館など仙台近郊の風景が色鮮やかに描かれている。仙台など地元で活躍する作家がデザインした。

 「こけし作りは手仕事なので、一つ一つが微妙に違ってくる。オンラインショップに向くのかどうか、悩んだこともあった。大きなチャレンジだった」と振り返る中嶋社長。これまでに約1500本を販売し、予想以上の反響があった。グッドデザイン賞などの評価も得て、取り扱う工人は10人近くまで増えた。こけしのほか、堤人形や雄勝石の食器、南部鉄瓶、樺(かば)細工の曲げわっぱなど商品の幅も広げている。

社内風景

 「四方よし」の審査では、職場環境も評価された。社員交流を促進する委員会を設けて風通しのいい職場を目指すほか、独立事業部制を導入することで、売上利益の社員への還元率を高く設定できているという。受賞後の新卒採用も順調だ。「業務内容がイメージしにくい業界だが、伝統産業活性化の分野をアピールできるようになったことで、学生が当社に興味を持つきっかけができた」と実感している。

 「伝統産業など地元のコンテンツをビジネスに結び付ける取り組みを広げていきたい」と願う中嶋社長。「そのためにはデザイン分野の優秀な人材を育成し、活躍するフィールドを増やすこと。そうした課題解決の糸口を見つけたい」。伝統文化を守り地域経済を支える意志は固い。

 

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8275

ファクス:022-267-6292