更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

クラシタス株式会社

会社概要

クラシタス 企業ロゴ

社名:クラシタス株式会社

設立:1990年

従業員:113名

本社:仙台市若林区卸町1丁目2-6

主な事業内容:住宅リフォーム・神社仏閣の新築改修工事・社屋等のリニューアル工事

その他:仙台市奨学金返還支援対象企業

 

「四方よし」な取り組み

独創的な社会的課題解決に向けた取組み

課題

  1. アフターフォローの中で、高齢のお客様から「電球の交換」「家具の移動」など暮らし全般に係るご相談が多く、高齢者の暮らしへの不安に課題認識を持っていた。
  2. 全国的に職人の高齢化や成り手不足が目立っており、若手職人の育成に課題認識を持っていた。

取り組み

かけがいのない「暮らし」に寄り添い元気な地域をデザインする企業 クラシ(暮らし)タス(+)

  1. 地域に住む方々の快適で幸せな暮らし(クラシ)に付加価値を足す(タス)経営を行う。従来の強みである「建築」だけではなく、「暮らし」に一気通貫で関わるサービス(安心)を提供するため、空き家の管理・仲介・生前整理遺品整理・相続手続き(企業間提携)から、暮らしのちょっとした不便の解消までを補う「暮らしケア制度」を開始。定額の会員制で庭の手入れや家具の移動、電球の交換、手すりの取付け等を行う。
  2. 地元宮城県の高校を卒業した若手職人を「多能工」として育成しサポートしている。職人を多角的に教育する試みは、業務毎に専門分化している建築業界においては珍しい取り組み。

※その他にも、認知症サポーターへの受講促進や小学校と連携し「親子工作教室」を開催している。

成果

  1. 暮らしケア制度開始から1年の間、仙台市内の高齢者宅等において140回程の暮らしに関する支援サービスを提供。非常に高い評価を頂き、その後、当社リフォーム工事へ20件程結びついている。特に高齢者の方々は「ちょっとした住まいの不便をどこへ頼んだら良いか」に不安を抱いており、不安解消へのお役立てと安心の提供が一番の成果。
  2. 「多能工」として育成した若手職人が、次の世代の「多能工」育成に積極的に参加するなどの好循環が生まれている。

暮らしケア制度地元宮城県の高校を卒業した若手職人「多能工」
(1枚目)「暮らしケア制度」、(2枚目)若手職人「多能工」の様子

 

魅力的な職場環境づくりに向けた取組み

課題

働く人々がより活き活きと活躍出来る職場環境づくりが社会的に求められている中で、若い世代の価値観を組織に取り入れる必要があると感じており、課題認識を持っていた。

取り組み

女性子育て世代活躍推進クラジョによる働き方改革と健康経営を推進する健康増進委員会ヘルシタス

  1. 2017年より、通称「クラジョ」を立上げ女性子育世代の声を活かした働き方や福利厚生を改善する取組みを実施。今後、迫りくる労働人口の減少という問題を踏まえ、特に女性の声を反映させ「建築=男性」のイメージを払拭し、男女問わず魅力ある企業にしたいという思いから行っている。
  2. 社員の健康増進を目的とした委員会「ヘルシタス」も立上げ、毎年若手社員が企画運営をするスポーツ行事や懇親行事等も実施し、健康経営及びES向上へと繋げている。

成果

  1. 「クラジョ」委員会で、各職務の女性代表者の意見を集約し、企業提携保育園の開設を行った。また、独自の資格取得支援制度を作ることで、建築士や施工管理技士等の国家資格取得者数や他の有資格者数を2年連続14名輩出など資格取得への後押しを実現している。
  2. 全社運動会や地域のハーフマラソン参加等を毎年実施している。また、健康診断等の充実化や予防接種等の会社補助等も実施することで、働く人々がより活き活きと活躍できる職場環境形成を実現している。
  3. 「クラジョ」、「ヘルシタス」に取り組んだ結果、毎期実施している企業変革支援プログラム全社員調査で「人を活かす経営」のアベレージが前年比104%上昇し、「市場・顧客及び自社の理解と対応状況」では前年比108%上昇している。

 

クラシタス クラジョクラシタス_ヘルシタス2
(1枚目)「クラジョ」委員会開催の様子、(2枚目)「ヘルシタス」にてスポーツ大会の様子

 

トップインタビュー

 住宅リフォームを手掛ける建築会社は数多くあれど、仙台市若林区卸町の「クラシタス」はちょっと異色だ。その象徴が「暮らしケア」と名付けた会員制サービス。「電球の交換」や「家具や荷物の移動」「空き家の管理」など、高齢者の困りごとを手助けする事業を2019年に始め、多くの利用者から「こんなサービスを待っていた」と喝采を浴びる。

クラシタス_暮らしケアの様子「暮らしケアの様子」

 「リフォーム工事を終えたら終わりではなく、末永く寄り添える企業でありたい」。新サービスに込めた願いを廣中聡社長(52)は力説する。年会費1万9000円で年5回まで計52種類のサポートが受けられるサービスは現在、仙台圏とその近郊を対象としているが、「四方よし」の理念を具現化する取り組みは今後、さらにエリアを広げる計画という。

 1990年、屋根のふき替えを得意とする会社として創業した。そこから住宅のリフォーム、神社仏閣の新・改築と領域を広げ、現在は本社のほか宮城県内に5か所、岩手県に2か所、札幌市に1か所の拠点を構える。2016年には不動産業にも進出。住宅やマンションの空き物件を買い取り、それをリノベーションし売り出して、「暮らし提案」の選択肢を広げている。

 スタッフはパートを含めて110人を数える。その半数近くが女性というのも特長で、廣中社長は「リフォーム細部の最終決定者は多くの場合女性。女性の感性を大事に接客や工事を進めている」と胸を張る。

クラシタス_リフォーム物件「リフォーム物件」

 リフォームの依頼は一般的に建物の老朽化に加え、住人の高齢化に伴い、「手すりや床の段差をなくしたい」といった相談をされる。クラシタスは当然、要望を踏まえてバリアフリー化を進めるが、大事な提案も忘れない。例えば脱衣所の寒暖差を和らげる断熱材もその一例だ。日本では交通事故犠牲者の3倍もの人がヒートショックで命を落としている。廣中社長は「社会の課題解決にリフォーム会社として少しでも貢献したい」と力を込める。

 人材の育成にも熱心で、一人の職人が多様な分野の仕事を浅く広く手掛ける「多能工」へのシフトを遂行。自社で研修施設を整えるなど、オールマイティーに活躍する社員の育成に努める。また全社員が認知症サポーターの養成講座を受けていることにも、会社のスタンスが表れている。

クラシタス_社長写真「廣中聡社長」

 廣中社長は営業職で入社した現場たたき上げだ。2011年の就任以来、さらに心地のいい会社にしようと、全社員と年2回ずつ個別面談を実施。働く人の声を企業成長の糧とし、風通しのいい職場づくりに努める。

 今年は創業30年の節目。クラシタスはその社名通り、「暮らし」に「+(足す)アルファ」をもたらす歩みを進めている。

 

クラシタス株式会社(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

仙台「四方よし」企業大賞制度についての問い合わせ先
電話番号:022-214-8275 ファクス:022-267-6292
※クラシタス株式会社の電話番号ではございません。