現在位置ホーム > 名所一覧 > 西公園

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

西公園

緑の中に新しい彫刻もある昔からの花見の名所

西公園は、明治8年に開園した市内で最も古い都市公園です。当時は桜ヶ岡公園と称していましたが、町の西側にあることから西公園と呼ばれるようになり現在の西公園に名称が変わりました。
4月になると多くの人が花見に訪れる市内屈指のサクラの名所として有名です。公園内には、幹が3mほど伏臥している仙台藩初代藩主伊達政宗ゆかりの「臥龍梅(がりょうばい)」や、仙台空襲の際に焼けたにもかかわらず翌春には芽吹いたと言われるイチョウの古木などがあります。また、広瀬川の川岸には仙台キリシタン殉教碑も建てられています。
天文台や野球場やプールなどの施設があり、広場では様々なイベントが開催され多くの人で賑わいます。この他、新しい彫刻も設置され、芸術の場としての側面もうかがわれます。
春は新緑のトンネルの中を歩き、夏は緑陰に憩い、秋は落ち葉をさくさくと踏みしめながら散歩し、冬には木々に積もった雪の下を静かに歩く・・・・。季節によりいろいろな表情を見せる西公園は、いつでも訪れる人を優しく出迎えてくれる歴史ある市民に広く親しまれている公園です。

花見の写真

満開のサクラの下、花見でにぎわう西公園(撮影:上山浩)

園路の写真

広瀬川沿いの園路

春の公園の写真

サクラが満開の頃(大町交番付近)

秋の写真

落葉の公園でハトが遊ぶ(撮影:中居光男)

彫刻の写真

彫刻「ふたり」がある芝生広場

秋のイチョウの写真

イチョウの黄葉が美しい広場

アクセスガイド

地下鉄「大町西公園駅」下車
仙台駅西口バスプール10番茂庭台方面行、15-2番川内営業所行「立町小学校前」下車

おすすめポイント

花見の季節、提灯に照らし出された夜ザクラはとても美しく、公園内の茶屋のずんだ餅やゴマ餅を食べながらゆっくり見物するのも、この公園での楽しみ方の一つです。

基本情報

  • 所在地:青葉区桜ヶ岡公園

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。