English

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 主な収蔵品 > 主な収蔵品(一覧) > 主な収蔵品 6 漆器(2)

更新日:2021年2月2日

ここから本文です。

主な収蔵品 6 漆器(2)

<掲載資料>

 

竹菱梅葵紋蒔絵女乗物

(たけびしうめあおいもんまきえ おんなのりもの)

 

 

竹菱梅葵紋蒔絵女乗物

 

 

作者

 

形質

木胎漆塗

大きさ(cm)

柄長456.0 総高122.5 
奥行92.3

年代

江戸後期 19世紀

指定

仙台市指定文化財

 

竹菱と梅の模様と、葵紋とを金銀蒔絵で華やかに表した女性用の乗物である。内部には源氏物語の場面を描いている。紀州徳川治宝(はるとみ)の娘で、10代藩主伊達斉宗の夫人となった、かた姫(1795~1827年)の所用と伝えられている。

 

ページの先頭へ戻る

 

若松竹橘文膳椀類

(わかまつたけたちばなもん ぜんわんるい)

 

 

若松竹橘文膳椀類

 

 

作者

中西喜多良ほか

形質

木胎漆塗

大きさ(cm)

懸盤大
縦46.2 横48.6 高25.5

年代

安政4年(1857)

指定

 

 

若松と竹と橘(たちばな)を主要な文様として、さらに伊達家の家紋を散らした膳椀類。伊達慶邦の後妻に入った水戸徳川家の八代姫(やよひめ)のもの。安政4年(1857)に作られた。夫人の調度は、婚礼の時までに作られたものは実家の家紋をつけるが、この膳椀類は婚礼の翌年の制作なので、家紋はすべて伊達家の家紋のみを散らしている。

 

ページの先頭へ戻る

 

主な収蔵品 メニュー 一覧