現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 消費生活 > よくある相談(FAQ) > 冠婚葬祭互助会を解約したら、手数料を差し引かれて積み立てた金額より減ってしまった

更新日:2020年3月17日

ここから本文です。

冠婚葬祭互助会を解約したら、手数料を差し引かれて積み立てた金額より減ってしまった

冠婚葬祭互助会を解約したら、手数料を差し引かれて積み立てた金額より減ってしまった

冠婚葬祭互助会について、「解約手数料に納得できない」「解約したが返戻金が少ない」といった相談が寄せられています。

相談事例

  • 数年前に訪問した勧誘員の勧めで冠婚葬祭互助会に入会し、毎月4千円の60回払いで積み立てをしていた。満期になり、お金が必要な事情ができたので解約しようとしたら、「解約手数料5万円を差し引いた金額しか戻らない」と言われた。勧誘のとき、解約手数料の説明を受けた覚えはない。

アドバイス

  • 冠婚葬祭互助会は、会員になり、毎月一定の掛け金を積み立て、葬儀や婚礼などが必要となった場合に、契約した内容のサービスを受けられる仕組みになっています。
  • 冠婚葬祭互助会の契約は、銀行・郵便局等の預貯金とは性質が異なるため、掛け金に利息は発生しません。
  • 通常、解約に際しては、特別な理由がない限り、約款に基づき計算された解約手数料が差し引かれます。また、掛け金を完納している場合でも、冠婚葬祭のサービスを利用せずに解約する場合は、解約手数料が差し引かれることが一般的です。
  • 契約する際は、パンフレットや約款等にしっかり目を通し、重要事項や必要な追加費用等について十分説明をうけ、納得してから契約するようにしましょう。

参考

独立行政法人国民生活センター「契約内容をよく確認 冠婚葬祭互助会の積み立て」(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

◆消費生活相談ダイヤル 022-268-7867(なやむな)

このページに関するお問い合わせ
仙台市消費生活センター
電話:022-268-7040 ファクス:022-268-8309