現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > 令和2年国産さくらんぼのせりを始めます

更新日:2020年6月5日

ここから本文です。

令和2年国産さくらんぼのせりを始めます

令和2年国産さくらんぼのせりを始めます

国産さくらんぼが収穫時期を迎え入荷量が増加することから、6月11日からせりによる販売を開始します。
これまではハウス栽培されたものを中心に相対(あいたい)取引による売買を行っていましたが、山形県産の露地ものを中心とした入荷が本格化し安定した入荷が続く見込みであるため、7月上旬頃までせりによる売買を行います。
なお、せりは卸売業者2社の売り場(2カ所)で行います。

 

1 日時

6月11日(木曜日)午前6時~

 

2 場所

中央卸売市場青果部卸売場(果実売場)(若林区卸町4丁目3-1)

 

3 卸売業者

  1. 仙台中央青果卸売株式会社 (電話:232-8511)
  2. 株式会社宮果       (電話:232-8410)

 

4 その他

統計情報などは中央卸売市場のホームページをご覧ください。

 

【参考】昨年の初せり日の実績(令和元年6月13日)※平均単価は1kgあたり

品名

入荷量

平均単価

佐藤錦

1,003kg

2,576円

その他(国内産)

549kg

1,600円

合計

1,552kg

2,231円

 

旬を迎えた佐藤錦

旬を迎えた佐藤錦

さくらんぼのせりの風景

さくらんぼのせりの風景

 

 

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144