現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 福祉・医療 > 福祉 > 障害福祉サービス > 仙台市障害福祉サービス事業所等に対するサービス継続支援事業助成金の交付申請について

更新日:2021年4月2日

ここから本文です。

仙台市障害福祉サービス事業所等に対するサービス継続支援事業助成金の交付申請について

事業の概要

1 事業の概要

 利用者や事業所等の職員に感染者が発生した場合等に、サービスを継続して提供するために必要となるかかり増し経費等を助成します。

令和2年度分の申請については締め切らせていただきました。助成対象経費に該当し、令和3年3月31日までに支出の終わったもので、まだ申請をされていない場合については、個別にご相談をお受けしますので、令和3年4月9日(金曜日)までに担当までご連絡ください。

※令和3年度分の実施については現時点では未定です。厚生労働省より実施要綱等が示され次第、改めてお知らせする予定です。助成の条件等も未定ではございますが、支出した経費にかかる各種資料(領収書、請求書、サービス提供記録等)は念のため保管しておいてください。

2 助成対象事業所

通所系サービス事業所 療養介護、生活介護、自立訓練(機能訓練)、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労定着支援、自立生活援助、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス
短期入所サービス事業所 短期入所
障害者支援施設等 施設入所支援、共同生活援助(介護サービス包括型)、共同生活援助(日中サービス支援型)、共同生活援助(外部サービス利用型)、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設
訪問系サービス事業所 居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援
相談支援事業所 計画相談支援、地域移行支援、地域定着支援、障害児相談支援
事業所およびサービスの一覧

 

3 助成対象となる事業及び経費

(1)障害福祉サービス事業所等のサービス継続支援事業

 令和2年1月15日以降に、次の1から4のいずれかに該当した事業所・施設等を対象に、以下の経費について助成します。

  1. 仙台市から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所
  2. 利用者又は職員に感染者が発生した通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所、障害者支援施設等、相談支援事業所(職員に複数の濃厚接触者が発生し、職員が不足した場合を含む)
  3. 濃厚接触者に対応した短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所、障害者支援施設等
  4. 1から3以外の通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所、障害者支援施設等であって、当該事業所の職員により、利用者の居宅においてできる限りのサービスを提供した事業所

 ※上記のうち4は、対象経費は下記【4】のみ該当。

(助成対象経費)

【1】障害福祉サービス事業所等のサービス継続に必要な費用

 ア 事業所・施設等の消毒・清掃費用

 イ マスク、手袋、体温計等の衛生用品の購入費用

 ウ 事業継続に必要な人員確保のための職業紹介料、(割増)賃金・手当、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費用等

 エ 連携先事業者への利用者の引き継ぎ等の際に生じる、障害福祉サービス等の報酬上では評価されない費用

 オ 送迎を少人数で実施する場合に緊急かつ一時的に必要となる車のリース等の費用

 

【2】通所系サービス事業所が人数制限してサービスを提供する際の費用

 カ 通所しない利用者宅を訪問して健康管理や相談援助等を行うため緊急かつ一時的に必要となる車のリース等の費用

 キ ICTを活用し、通所しない利用者に対する健康管理や相談援助等を行うための利用者用タブレットのリース等費用(通信費用は除く。)

【3】通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所及び障害者支援施設等が代替の場所にて行うサービス実施に係る費用

 ク サービス提供場所の賃料、物品の使用料等

 ケ 職員の交通費、利用者の送迎に係る費用

【4】訪問サービス実施に係る費用

 コ 訪問サービス実施に伴う人員確保のための職業紹介料、(割増)賃金・手当

 サ 居宅介護事業所に所属する居宅介護職員による同行指導への謝金

 シ 訪問サービス実施を行うため緊急かつ一時的に必要となる車のリース等の費用

 ス 訪問サービスの実施に伴う損害賠償保険の加入費用

 セ マスク、手袋、体温計等の衛生用品の購入費用

 

(2) 障害福祉サービス事業所等との連携支援事業

 令和2年1月15日以降に、次の1から2のいずれかに該当した事業所・施設等の利用者の積極的な受け入れや、職員が不足した場合の応援職員派遣を行った連携先の事業所・施設等を対象に、以下の経費について助成します。

  1. 「仙台市から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所」又は「利用者又は職員に感染者が発生した通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所、障害者支援施設等、相談支援事業所(職員に複数の濃厚接触者が発生し、職員が不足した場合を含む)」
  2. 感染症の拡大防止の観点から必要があり、自主的に休業した通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所
(助成対象経費)

【1】利用者受入に係る連絡調整費用、職員確保費用

 ア 追加で必要な人員確保のための職業紹介料、(割増)賃金・手当、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費用等

 イ 利用者引き継ぎ等の際に生じる、障害福祉サービス等の報酬上では評価されない費用

【2】職員の応援派遣に係る費用

 ウ 職員を応援派遣するための諸経費(職業紹介料、(割増)賃金・手当、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費用等)

 

4 交付までの流れ

 申請から交付までの基本的な流れは次のとおりです。

申請時に経費の支出が全て完了している場合

  1. 交付申請(事業者⇒市)
  2. 交付決定(市⇒事業者)
  3. 交付請求(事業者⇒市)
  4. 交付(市⇒事業者)

申請時に経費の支出が完了していない場合

  1. 交付申請(事業者⇒市)
  2. 交付決定(市⇒事業者)
  3. 経費支出の完了(事業者)
  4. 実績報告(事業者⇒市)
  5. 交付額の確定(市⇒事業者)
  6. 交付請求(事業者⇒市)
  7. 交付(市⇒事業者)

5 交付申請の方法

 次の書類を、下記の提出先まで郵送又は持参ください。

  1. 助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 別紙1又は別紙2
  3. その他必要な書類(領収書の写し等)

 様式及び添付書類の詳細については、以下のページをご確認ください。

 交付申請様式のダウンロード及び添付書類の詳細はこちら

 ※申請数や申請の時期等により、支払いまで時間がかかる場合がありますのでご了承願います。

6 提出先

 〒980-8671

 仙台市青葉区国分町三丁目7番1号

 (提出先は事業種別により異なります。)

担当課および連絡先一覧
担当 連絡先 事業種別

障害企画課

社会参加係

電話:

022-214-8151

就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労定着支援

障害者支援課

地域生活支援係

電話:

022-214-8164

居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、短期入所、計画相談支援、地域移行支援、地域定着支援、障害児相談支援

障害者支援課

施設支援係

電話:

022-214-8188

療養介護、生活介護、自立訓練(機能訓練)、自立訓練(生活訓練)、自立生活援助、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、施設入所支援、共同生活援助(介護サービス包括型)、共同生活援助(日中サービス支援型)、共同生活援助(外部サービス利用型)、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援

 

7 留意事項

  • 助成金額は事業種別ごとに上限があります。詳しくは下記にあります要綱別表をご覧ください。
  • 助成対象期間は令和2年1月15日から令和3年3月31日までを想定しています。現時点で令和3年度の実施は未定です。
  • 助成回数は、上記3の(1)、(2)ごとにそれぞれ1回とします。ただし、助成後に感染者の対応等が再度必要となった場合はこの限りではありません。
  • 宮城県内仙台市以外の障害福祉サービス事業所等については、宮城県が実施主体となりますので、お問い合わせは宮城県障害福祉課までお願いいたします。
  • 本事業は、「宮城県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)補助金」とは違う事業です。「宮城県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)補助金」は、宮城県が実施主体となりますので、お問い合わせは宮城県障害福祉課までお願いいたします。

参考

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害者支援課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8164

ファクス:022-223-3573