更新日:2021年4月5日

ここから本文です。

株式会社ノースブル

会社概要

株式会社ノースブルのロゴマーク

社名:株式会社ノースブル

設立:2011年

従業員:7名

本社:仙台市青葉区芋沢字青野木343-2

主な事業内容:牛受精卵の生産・販売・移植・技術開発

その他:仙台市奨学金返還支援対象企業

「四方よし」な取り組み

独創的な社会的課題解決に向けた取り組み

課題

日本国固有の大事な資源である黒毛和牛の生産に欠かせない和牛繁殖農家は、過去20年で70%が離農してしまっている。後継者不足、長時間労働、低利益率など、畜産業に古くから続く課題に対して危機感を抱いていた。

取り組み

震災をきっかけに2011年に創業。自社の強みである高度かつ安心安全の受精卵生産移植技術を活かし、黒毛和牛農家の受精卵の生産販売を下支えするとともに、酪農家による黒毛和牛の増産に取り組んでいる。

成果

既存の設備を利用しながら、黒毛和牛の生産頭数の増産と農家の利益率向上という成果が出ている。

作業の様子1(ノースブル)「マイクロピペットで受精卵を育てる場所を作る様子」

作業の様子2(ノースブル)「牛の体外受精に使用する培養液を調整中」

魅力的な職場環境づくりに向けた取り組み

課題

受精卵技術には、人間の不妊治療にも匹敵する高度な熟練が求められるため、高度職種人材の育成と長期雇用が必須である。そのためにも、技術者のライフサイクルに即した働き方を提供しなければならず、またそれが企業の使命であり、継続した成長にとっての重要課題であると考え、危機感を抱いていた。

取り組み

2016年より、高度専門技術職種である培養士、移植師、獣医師の採用が始まり、有給取得率100%実績、産休取得、時短出勤、自由出勤など、働きやすい環境を各自と相談しながらつくっている。

成果

結婚や出産、育児を理由に離職しなくてもよい環境をつくれたため、従業員の女性比率を57%にまで高めることができた。また、現在は上記3職種の責任者はいずれも女性職員となっており、女性が活躍できる環境を整えたことで、企業に安定と技術の蓄積という成果をもたらしている。

また、在宅勤務やダブルワークで業務効率を高めながら、家庭や子育てに積極的に関与できる体制を整えており、多様な働き方を認める企業風土が強い成長力をつくる土台となっている。

作業の様子3(ノースブル)「活躍する女性職員」

トップインタビュー

菅原紀代表「菅原紀代表」

 仙台市中心部から車で30分。青葉区芋沢の田畑地帯にノールブルの本社はある。本社とは言ってもプレハブ造り。しかし侮ることなかれ。室内には培養室を完備。顕微鏡を駆使し、200マイクロメートル単位の微細な手作業で体外受精や培養などをやってのける。

 同社の受精卵移植実績は、2015年で年間1385頭。東北1位、全国4位。その後も業績を伸ばし、年間3500頭を手掛けた年もある。ただ強みの本質は件数ではない。肉牛を育てる畜産農家、乳牛を飼う酪農家、どちらの経営改善にも寄与することで、日本の畜産業を守るという高い志と、それを叶える確かな技術力にある。

 農林水産省によると1995年に約17万戸あった国内の畜産農家は2015年、5万4000戸まで激減。背景には生き物を育てるがための年中無休の労働環境、手間のわりに利幅が少ない収益構造、それゆえの後継者不足など、古くからの課題がある。


受精卵移植の訓練「受精卵移植の訓練」

 「負の連鎖を断ち切り、努力が報われる産業にしたい」。ノースブル代表の菅原紀(もとい)さん(42)の起業の原点は、その一念にある。宮城県涌谷町の酪農家に長男として生まれた。酪農学園大に進み、家畜繁殖学を専攻。卒業後は牧場や研究施設など3か所に勤めて技術を磨き、2011年は会社勤めとの二足の草鞋でノースブルを設立。2015年に経営に専念し、本格稼働した。

 同社はまず受精卵生産のため、元となる卵を、和牛を取り扱う畜産農家から購入。和牛繁殖農家にとって貴重な収入となる。また体外受精した受精卵は、酪農家が育てる乳牛に移植。産まれてくるのは黒毛和牛という遺伝の特性を生かし、酪農家にも新たな収入源を提供する。

受精卵の生産「受精卵の生産」

 仔牛価格は一般的に乳牛が10万円前後なのに対し、黒毛和牛は50万円を超える。農家にとって、ノースブルへの技術料を支払っても増収につながり、菅原さんは「弊社の技術力で畜産・酪農に希望を持つ農家をもっと増やしたい」と意気込む。
顧客は現在、宮城県を中心に約120戸。収益が改善したことで家族経営を脱した農家もいて、菅原さんのもとには「スタッフにボーナスを出せた」「初めて海外旅行に行けた」といった喜びの声が届く。

 こうした変革を支える源を、菅原さんは「まずはうちの会社が魅力的であること」と言う。「受精卵を扱う技術は人間の不妊治療にも匹敵する熟練が必要。そのためには仲間に長期間、安心して働いてもらうことが欠かせません」。同社は獣医師、移植師、培養士の技術系5人、事務系2人の総勢7人。全社員が付与された有給を全て消化し、有給取得率100%を誇っているほか、産休や時短勤務、ダブルワークなども認めている。現場の知見を国際学会で発表する機会もあるなど、恵まれた職場環境が高度人材の採用と定着につながっている。

 「人工授精というと、遺伝子操作やクローン技術と混同される嫌いがありますが、うちの技術は自然の摂理に沿った安心・安全なもの。そうした誤解も取り払いながら、多くの人に畜産・酪農の可能性に気づいてもらい、魅力的な産業として成長させていきたい」と菅原さんは意気込む。

株式会社ノースブル(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8275

ファクス:022-267-6292