更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

宮城三菱自動車販売株式会社

会社概要

宮城三菱ロゴ

社名:宮城三菱自動車販売株式会社

設立:1960年

従業員:213名

本社:仙台市宮城野区日の出町1-5-36

主な事業内容:サービス業(自動車販売及びその部品・用品・付属品の販売など)

「四方よし」な取り組み

独創的な社会的課題解決に向けた取り組み

課題

災害による停電発生時における自治体との連携の強化

取り組み

宮城三菱自動車販売株式会社が取り扱う「電動自動車」は、大容量バッテリーに電気を蓄え、その電気を自由に取り出すことが可能。この自動車を災害発生時に自治体に活用してもらうべく、令和2年2月より県内の市町村と「災害時協力協定※」の締結を開始した。

また、大規模災害発生時においては、より多くの台数確保が必要とされることから、メーカー(三菱自動車工業)との間にも同様の協定を締結した。

令和3年度中には県内全ての市町村と協定締結を目指している。

※災害による大規模停電が発生した際、協定先の自治体に対して、宮城三菱自動車販売株式会社が保有する電気自動車やプラグインハイブリッドEV等の「電動自動車」を無償で貸し出す協定。

成果

令和2年12月現在、仙台市を含む県内16市町村及び宮城県と同協定を締結。これにより多くの自治体が、災害非常時において貴重な電気の供給源を確保することができ、災害への備えを充実させることが出来た。

仙台市との協定式「仙台市との協定式」

電動自動車「電動自動車のデモンストレーション」

魅力的な職場環境づくりに向けた取り組み

課題

自動車販売業界は「男性中心社会」の風土が強く、宮城三菱自動車販売においても女性社員数は少なく、女性管理職もいないという状況であった。

取り組み

女性社員のキャリア意識向上と働きやすい職場づくりを目指し、「宮城三菱スマイルプロジェクト」を設立。女性社員によるミーティングや研修を定期的に行うことで、マインド面・スキル面での向上を図っている。

成果

店舗の垣根を超えた女性社員同士の連携が強くなり、思いやり・支え合い・ともに成長できる環境が創出。女性社員が生き生きと働くことで、サービスの質の向上にも繋がり、顧客満足度も高まった。

キャリア意識の高い女性社員も増え、一人一人の自信やモチベーションの向上に繋がる好循環が生まれ、働きがいと仕事に対する誇りが強化されている。

スマイルプロジェクト「スマイルプロジェクトの様子」

宮城三菱自動車販売株式会社(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

仙台「四方よし」企業大賞制度についての問い合わせ先
電話番号:022-214-8275 ファクス:022-267-6292
※宮城三菱自動車販売株式会社の電話番号ではございません。