更新日:2021年9月3日

ここから本文です。

鈴木工業株式会社

会社概要

鈴木工業株式会社のロゴ

社名:鈴木工業株式会社

設立:1966年

従業員:90名

本社:仙台市若林区卸町東5丁目3-28

主な事業内容:環境インフラの整備、産業廃棄物の収集運搬処理

その他:仙台市奨学金返還支援対象企業

「四方よし」な取り組み

独創的な社会的課題解決に向けた取り組み

課題

災害発生時の対応力の向上

取り組み

地域住民の生活に密接した環境インフラ事業を展開していることから、緊急事態が発生した場合でも、活動し続けることができるよう、2008年に事業継続マネジメント(BCM)を策定し、翌年には業務継続計画(BCP)の初版を発行した。このような中、2011年3月に東日本大震災が発生。産業廃棄物焼却施設をはじめとする複数の施設に多大な損害を受けたが、BCMを発動することにより、被災から約1カ月後に早期完全復旧を果たし、地域のいち早い復旧・復興に貢献した。

この経験から、BCMやBCPの策定の重要性を伝える活動を2011年7月より開始。2011年8月開催の防災をテーマとしたAPEC特別会合や2015年3月の国連防災世界会議パブリックフォーラムなどの国際会議の場において事例を発表したほか、様々な企業・団体が主催するセミナーや講演会、シンポジウムにおいて講師等を務めている。その他、各種取材への協力や視察の受け入れ、中間処理施設への津波浸水表示板の設置などに取り組み、国内外の防災力向上に貢献している。

なお、BCMやBCPはより実効性の高いものとなるよう随時見直しを行い、現在ではJアラートや新型コロナウイルス感染症対策についても項目を追加し運用している。また、様々なリスクを想定した社内訓練を随時実施している

成果

  • 2011年8月、東日本大震災被災地域の復旧・復興に貢献したとして経済産業大臣より表彰
  • 2012年4月、特定非営利活動法人事業継続推進機構(BCAO)が実施する「BCAOアワード2011」で大賞を受賞
  • 2018年5月、宮城県より「3.11伝承・減災プロジェクト」の伝承サポーターに認定
  • セミナー・講演会の参加者などからは、「自社のBCM策定の参考になった」、「震災当時の取り組みが伝わった」、「BCMの必要性を実感した」などの声が届いている

APECでのセミナーの様子「APEC自然災害に対するGVC強靭性セミナーの様子」

社内研修の様子「BCPの社内研修の様子」

魅力的な職場環境づくりに向けた取り組み

課題

従業員満足度の向上と働きやすい職場環境の整備

取り組み

(1)健康に働ける職場づくり
  • 2016年に「健康職場づくり宣言」(協会けんぽ宮城支部)に登録し、始業時のラジオ体操や健康づくりに向けた情報提供など、従業員の健康増進に積極的に取り組んでいる
  • 2019年に「受動喫煙防止宣言施設」(宮城県)に登録し、受動喫煙防止対策に取り組んでいる
(2)働きやすい職場環境づくり
  • 従業員のキャリアアップのための資格取得支援制度として、受験費用だけでなく、教習や講習の費用、参考書等の購入費用まで全額補助している
  • 有給・その他特別休暇取得の推進策として、休日前後の有給休暇取得の奨励に取り組んでいる。その他特別休暇対象者には積極的に取得するよう働きかけている

資格取得し活躍する社員「資格取得支援制度を活用し資格を取得した社員」

成果

(1)健康に働ける職場づくり
  • 健康に対する意識が高まり、メタボリックシンドローム該当率が、取組前と比較し3%減少した
(2)働きやすい職場環境づくり
  • 毎年、延べ40名程度の従業員が資格取得にチャレンジ。現場で活かせる免許を取得したことにより、若手従業員のできる仕事が増え、積極的にイキイキと仕事に臨む社員が増えた
  • 有給・その他特別休暇取得率が向上した。(取組前平均5.2日/年が、取組後は平均8.4日/年に増加)男性の育児休暇取得実績あり

鈴木工業株式会社(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

仙台「四方よし」企業大賞制度についての問い合わせ先
電話番号:022-214-8275 ファクス:022-267-6292
※鈴木工業株式会社の電話番号ではございません。