更新日:2021年9月16日

ここから本文です。

株式会社ダイワ技術サービス

会社概要

ダイワ技術サービスロゴ

社名:株式会社ダイワ技術サービス

設立:1985年

従業員:56名

本社:仙台市宮城野区五輪1丁目8-3

主な事業内容:測量業、地質調査業、建設コンサルタント業

その他:健康経営優良法人認定企業、仙台市奨学金返還支援対象企業

 

「四方よし」な取り組み

独創的な社会的課題解決に向けた取り組み

課題

現在、建設業界で働いている技能労働者約340万人(2014年)のうち、約3分の1にあたる110万人が、団塊世代の定年退職や高齢化等により離職すると想定されている。一方、建設業界全般に対する「きつい、危険、給与が安い、休暇が取れない」というイメージが影響し、若者から敬遠されることにより、将来の担い手が不足している。

こうした、熟練技術者の大量離職と若者の担い手不足により、ノウハウの伝承ができず、建設業界全体において熟練技術・技能が消失する恐れがある。

取り組み

1点目が、定年後の技術者の雇用。自社のみならず他社を含めた熟練ノウハウを持つ定年後技術者を現場作業補助員や成果検査担当として採用し、測量作業における技術ノウハウや測量成果取り纏め方法などを若手社員へ伝承している。また、現場安全パトロールを全社的に実施し、定年後技術者の経験則に基づき現場で安全管理に関する助言・指導を行っている。

2点目が、若者に対する広報活動。従来の建設業界全体のイメージを払拭するため、出前授業やインターンの受け入れ等を通し、高校生・専門学校生に向けた広報活動を行っている。建設業界が最新技術を活用した魅力ある職場に変化していることや、「ゆとりある、安全、給与が高い、休暇が取れる」雇用環境に変わってきていることなど、建設業界全体の魅力を分かりやすく伝えている。

熟練技術者による成果品検査指導風景「熟練技術者による成果品検査指導風景」

出前授業の様子「出前授業の様子」

成果

(定年後技術者の雇用)

  • 全社員55名中、60歳以上の社員数が9名。全体の16%を占めている。

60~69歳 5名(安全管理者、成果検査担当、技術指導及び伝承、営業補助)

70~78歳 4名(成果検査担当、技術者倫理指導、技術指導及び伝承)

  • 定年後技術者からは「やりがいを感じる。」「何でもきいてほしい。」、若手社員からは「安心感がある。」「頼れる。」などの声が上がっている。

(若者に対する広報活動)

  • 仙台工業高等学校からのインターン受入を8年連続で実施。この取り組みに対し、令和2年10月29日に仙台市教育委員会より「第5回仙台自分づくり教育アワード功労者表彰」を受けている。
  • 各種出前授業を平成29年度より継続して実施しているほか、学生も多く訪れる展示会に出展するなど機会をとらえた広報活動に積極的に取り組んでいる。
  • 出前授業やインターンに参加した学生からは「最新技術を活用した土木業界の将来に魅力を感じる。」「新技術により若手技術者が必要とされていると感じた。」という感想をいただいている。

 

魅力的な職場環境づくりに向けた取り組み

課題

男性社員が育児休業・時短勤務を取得しにくい職場環境だった

取り組み

平成31年4月に、男性社員から育児休業取得についての相談があったことを機に、社内会議を開催。職員の家庭と仕事の両立を推進することを決定し、令和元年8月に「社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため行動計画」を策定し、社員に対して表明した。育児休業の取得や育児(保育園送迎等)による時短勤務を奨励するため、該当する社員がいる場合は職場内で積極的に声がけするなどしている。

成果

育児休業や時短勤務を取得した社員からは、「働きやすい。」や「すごく助かる。」といった声が上がっている。

令和元年 男性社員(入社5年目) 育児休業1カ月取得

令和2年 男性社員(入社12年目) 育児休業1カ月取得

令和3年 男性社員(入社15年目) 時短勤務(保育園送迎等)1カ月取得

育児休業中の社員「育児休業中の社員」

 

株式会社ダイワ技術サービス(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

仙台「四方よし」企業大賞制度についての問い合わせ先
電話番号:022-214-8275 ファクス:022-267-6292
※株式会社ダイワ技術サービスの電話番号ではございません。