現在位置ホーム > 名所一覧 > 東北大学川内キャンパス

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

東北大学川内キャンパス

広々としたキャンパスを巡りながら、様々な樹木をゆったりと堪能

東北大学川内キャンパスは、終戦直後、アメリカ軍の駐屯地として使用されていましたが、今では、当時の面影はすっかりなくなり、東北大学で学ぶ学生で賑わう場となっています。
キャンパス内は、様々な樹木が生い茂り、特に、東側には大きく生長したメタセコイアの並木が見事です。春になるとキャンパス内の至るところに植えられているサクラが満開となって、キャンパス全体が華やぎ、また、秋ともなればグラウンド下の石垣沿いに可憐な花をつけるハギを見ることができます。

並木道の写真

川内記念講堂へ続く並木道

桜並木の写真

東北大学文系キャンパス前の道路

紅葉の写真

キャンパス内の紅葉

紅葉の写真

三太郎の小径

歩道沿いのハギの花

グラウンド下の石垣を覆うハギの花

アクセスガイド

地下鉄「川内駅」又は「国際センター駅」下車
仙台駅西口バスプール15-2番川内営業所行「川内駅」下車

おすすめポイント

川内記念講堂から支倉常長像脇を通り、キャンパスを抜け仙台市博物館へ。再びキャンパスに戻る4kmの散歩道。ここが、日本を代表する哲学者阿部次郎著の「三太郎の日記」から名付けられた「三太郎の小径」です。

基本情報

  • 所在地:青葉区川内

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。