現在位置ホーム > 名所一覧 > 東北大学片平キャンパス

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

東北大学片平キャンパス

歴史ある数々の名木・古木が趣きを添える学びの地

東北大学片平キャンパスには、旧東北帝国大学当時の歴史を感じさせる近代建築物が数多く残り、中国の偉大な文豪魯迅が医学を志し学んだ往時のたたずまいや歴史の流れを偲ぶことができます。また、キャンパス内の樹木や植物と融和して格調ある景観を見せてくれます。
中でも、東一番丁側の北門からキャンパスに続くメタセコイアの並木や、米ケ袋から五ツ橋通に抜けるキャンパス脇のサクラ並木は、学都・仙台にふさわしい深い趣きを与えてくれます。
さらに旧理学部付近は、明治初期に教材として植えられた「ハンテンボク」や「スズカケノキ」などが今では見事な大木に生長し、市の保存樹木に指定されキャンパスに安らぎを与えています。

キャンパス内の並木

キャンパスのシンボル的存在のメタセコイアの並木

正門の写真

東北大学片平キャンパス正門

メタセコイヤの並木

メタセコイアの涼しげな木陰

アクセスガイド

仙台駅西口バスプール11番八木山動物公園駅行、12番山田自由ヶ丘車庫行、南ニュータウン行、長町駅行「東北大正門前」下車
◎地下鉄「大町西公園駅」下車

基本情報

  • 所在地:青葉区片平二丁目1-1 

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。