現在位置ホーム > 名所一覧 > 水道記念館

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

水道記念館

仙台市の水道の歴史について学ぶことのできる水の博物館

広瀬川の支流「青下川」には、青下第1ダム、第2ダム、第3ダムがあります。いずれも昭和9年に完成し、現在も仙台市の水瓶として稼働しています。平成8年に3つのダムは歴史的価値が認められ、国の登録文化財に登録されました。
また、ダム周辺は、水道の歴史や水の大切さを学ぶためのプロムナードとして、レンガ造り風の水道記念館や散策路、ハイキングコースが整備されています。
周囲の豊かな自然と調和した水道記念館には、「仙台市の水道のあゆみ」「水道のしくみ」「水と環境」などのゾーンがあり、水について学ぶことができます。
新緑や紅葉の時期ともなると、豊かな自然を体感し、しゃれた建造物を見ようとする人たちが訪れます。

水道記念館と周りの緑の写真

水道記念館と周りの緑

春の散策路の写真

春の散策路、木々の芽吹きがこれから始まる(撮影:片桐伝之助)

ハイキングコースの写真

ハイキングコース

青下第1ダムの写真

3つのダムのうち最下流に位置する「青下第1ダム」

アクセスガイド

仙台駅西口バスプール10番定義行、「大手門入口」下車

おすすめポイント

記念館脇の道を第1ダムの方へ下りると見事な玉石コンクリート造玉石貼のダムがあり、あらためて水の大切さを実感させられます。林を吹き抜ける風が、水と空気のきれいなことを実感させてくれるスポットです。

基本情報

  • 所在地:青葉区熊ヶ根字大原道

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。