現在位置ホーム > 名所一覧 > 名取川(太白大橋付近)

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

名取川(太白大橋付近)

広々とした名取川の河川敷と清き流れ

名取川の太白大橋付近は川幅が広く、大きく河川敷が広がっています。また、中洲があり、生い茂った潅木は小鳥たちのすみかになっています。
川の流れは清く、小鳥が空高くさえずり、休日には多くの家族連れが憩いを求めて集います。
また、太白大橋から山田方面に向かうと、大正15年(1926年)から昭和51年(1976年)まで走り続けた仙台市電を展示している「市電保存館」があります。
水辺の散策を兼ねて、懐かしい市電を訪ねてみるのも趣があります。

太白大橋から上流の写真

名取川の冬の落日、太白大橋から上流を望む(撮影:徳留稔)

太白大橋の写真

(撮影:木内英雄)

名取川の写真

(撮影:高橋明)

アクセスガイド

JR長町駅西口3-2番又は地下鉄長町南駅2番 那智が丘・尚絅学院大・ゆりが丘行、「大野田二丁目」下車

おすすめポイント

広々とした河川敷と川原の緑、そして西側には新幹線や在来線など、何本もの橋梁が並んでいます。若葉の季節はもちろんのこと、青空がまぶしい真夏の季節は、清流と深緑がすがすがしい涼気を感じさせてくれます。

基本情報

  • 所在地:太白区柳生付近

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。