現在位置ホーム > 名所一覧 > 松森城跡

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

松森城跡

小高い丘から眺める七北田川と泉区の風景

松森城は、戦国時代に国分氏が居城したと伝えられている標高70mの山城です。頂上の平場が本丸跡で、西側の平地が二の丸跡と言われ、本丸と二の丸の位置が「鶴翼の陣形」に似ていることから、別名「鶴ケ城」とも呼ばれています。
現在は公園として整備されており、小高い丘に設けられたあずまやからは、七北田川をはじめ泉区の街並が一望できます。
春はサクラの花が楽しめる場所として、また、夏は森林浴が楽しめる散策場所として地域の人たちに親しまれています。

写真:山頂から南光台方向を望む

山頂から南光台方向を望む(撮影:浅野利道)

写真:見晴らしのよい景色

見晴らしのよい景色とサクラが楽しめる

写真:緑に囲まれた丘陵

緑に囲まれた丘陵、サクラが眺望できる

写真:秋の紅葉

秋の紅葉

写真:頂上への登り道

頂上への登り道

アクセスガイド

地下鉄泉中央駅5-2番岩切駅行、「松森市民センター前」下車

基本情報

  • 所在地:泉区松森

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。