現在位置ホーム > 名所一覧 > 仙台一高のサクラ

更新日:2016年9月20日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

仙台一高のサクラ

青春の一ページに彩りを添えてくれるサクラ並木

今も「バンカラ」の校風の残る宮城県仙台第一高等学校(仙台一高)は、正門をくぐるとサクラの並木が目の前に広がります。グラウンドを囲んでいる土手沿いに植えられているため、ソメイヨシノやシダレザクラの花を校外からも楽しむことができます。
その昔、サクラの咲く下で生徒たちは未来を熱く語ったり、社会を論じたりしたと言われています。今も伝統は残り、生徒たちは人生を大いに語ったり、クラブ活動に励んだりし、高らかに青春時代を謳歌しています。
仙台一高には、誰もが通過してきた“青春時代のひとこま”をほのかに思い出させてくれる、どこか懐かしい風景が広がっています。
また、仙台一高は、井上ひさしの小説「青葉繁れる」のモデルになった地としても広く知られています。

サクラのトンネル

学校の敷地を取り囲む土手の上に続くサクラのトンネル

サクラ並木

南側のサクラ並木(撮影:佐藤金治郎)

シダレザクラも混じる東側のサクラ並木

シダレザクラも混じる東側のサクラ並木(撮影:小畑威)

アクセスガイド

地下鉄「連坊駅」下車
仙台駅西口バスプール5番薬師堂駅行「連坊駅・仙台一高前」下車

基本情報

  • 所在地:若林区元茶畑4

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。