現在位置ホーム > 名所一覧 > 花輪川

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

花輪川

白い岩壁と緑の樹木のコントラスト

花輪川は、その名のとおり花輪地区を流れて七北田川に注ぐ川です。
かつて、花輪地区一帯は盛んに刀が造られ、「鋳錬原」(じゅれんぱら)とも呼ばれていました。花輪川の清い水は、鍛冶職人が刀を打つために利用され、川沿いには多くの職人が暮らしていたと言われています。
川沿いの小道を上流に向かって散策すると、やがて岩肌が白く続いている崖に出会います。新緑や紅葉の季節は、白い岩肌が一層映え、鮮やかな光景を見ることができます。
また、この辺りの山あいには水田が残っており、市内では少なくなってしまった懐かしい風景が広がっています。

新緑の頃の写真

新緑の頃(撮影:小村和夫)

紅葉の頃の写真

紅葉の頃、白い岩肌に映える

川沿いの雑木林の写真

川沿いの雑木林の紅葉が美しい

アクセスガイド

地下鉄泉中央駅2番花輪行、「柏坊」下車

基本情報

  • 所在地:泉区福岡字寿連原西

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。