現在位置ホーム > 名所一覧 > 薬師堂周辺

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

薬師堂周辺

天平ロマンをかき立ててくれる、閑静な緑の杜

陸奥国分寺は、奈良時代に聖武天皇が全国に建立した国分寺の中で最も北にある寺です。現在の薬師堂は、慶長12年(1607年)、仙台藩初代藩主伊達政宗が講堂跡に建立したもので、国の重要文化財に指定されています。
境内には、市の保存樹木に指定されているヒイラギやアラカシ、イチョウなどの大木が枝を広げ、濃い緑を形づくっています。また、サクラの木も多く満開の季節になると花を愛でる人たちで賑わいます。
隣接する木ノ下公園も鬱蒼とした緑に覆われ、歴史のある薬師堂や山門と一体となり、閑静なたたずまいを見せています。

薬師堂のサクラの写真

薬師堂のサクラ(撮影:小畑威)

七日堂祭の写真

七日堂祭(撮影:武者利治)

木ノ下公園の写真

鬱蒼とした緑に覆われた木ノ下公園

鐘楼とサクラの写真

鐘楼とサクラ(撮影:徳留稔)

アクセスガイド

地下鉄「薬師堂駅」下車
仙台駅西口バスプール5番薬師堂駅行「国分寺薬師堂前」下車

基本情報

  • 所在地:若林区木ノ下

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。