現在位置ホーム > 名所一覧 > 長命館跡

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

長命館跡

歴史ある中世の館跡を偲ぶ公園

長命館跡は、中世以降、この地の領主であった長命氏が高さ90mほどの丘陵の地形を巧みに利用して築いた館跡です。
現在は、長命館跡の歴史を後世に残すため、歴史公園として整備され、「風の子公園」と呼ばれています。
早春にはカタクリの群生を見ることができ、また、紅白のウメやサクラが植えられ、地域の人たちが花に親しんでいます。
丘陵には展望台もあり、泉区の街並をはじめ、遠くは仙台港や七ツ森も一望できます。休日には、気軽に散策が楽しめる場として、多くの人たちで賑わいます。

サクラの名所の写真

サクラの名所(撮影:大岸泰)

公園東側の正面入り口の写真

公園東側の正面入り口(撮影:畑山富治)

長命館の頂きから見た風景

長命館の頂きからシェルコムせんだいや、団地を望む(撮影:大岸泰)

あずまや付近の写真

新緑の頃、あずまや付近

カタクリの花が群生する園路の写真

春カタクリの花が群生する園路

アクセスガイド

仙台駅西口バスプール4番水の森公園キャンプ場(加茂団地経由)行、地下鉄八乙女駅2番長命ヶ丘行、「加茂二丁目西」下車

基本情報

  • 所在地:泉区加茂二丁目

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。