現在位置ホーム > 名所一覧 > 小松島公園周辺

更新日:2016年9月20日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

小松島公園周辺

老松の傍らで瞑想に耽り、仙台市街の大パノラマの眺望を楽しむ

小松島公園には、噴水の水音も涼しげな大きな沼があり、園内散策する人たちの足取りも心なしかゆったりとする緑豊かな公園です。
また、小松島公園から東北薬科大学へと歩みを向けると、明治の文豪高山樗牛(ちょぎゅう)が旧制二高で学んでいた時、かなわぬ恋を嘆き、台原の老松の下で瞑想に耽ったことから名付けられたと言われる「瞑想の松」があります。瞑想の松の傍らには、仙台の偉大な詩人・土井晩翠が樗牛を思って詠んだ「樗牛瞑想の松」の碑もあります。
この瞑想の松は、樹齢600年以上のクロマツで、市の保存樹木にも指定されています。展望台も整備されており、この地を訪れると、多感な青春時代を過ごした文人の苦悩や文学への情熱などが時を超えて伝わってきます。

東北薬科大学に隣接する小松島公園

東北薬科大学に隣接する小松島公園(撮影:畑山富治)

瞑想の松

瞑想の松は、慶長初期、国分彦九郎盛重が天神社の霊地をけがさないように祈念して植えたと言われている(撮影:高橋政吉)

池の噴水が美しい

池の噴水が美しい(撮影:畑山富治)

アクセスガイド

仙台駅17番旭ケ丘駅行、台原駅行「東北薬科大・東北高校前」下車

おすすめポイント

瞑想の松の展望台からは、開府400年という歴史ある仙台の街並みが一望できます。小松島公園へ抜ける散策路を歩けば、穏やかな風情を感じながらの散策も楽しめます。

基本情報

  • 所在地:青葉区小松島四丁目

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。