現在位置ホーム > 名所一覧 > 多賀神社

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

多賀神社

ロマンと歴史が漂う、仙台最古の神社

富沢地区にある多賀神社は、仙台で最も古い神社で、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷追討をするときに勧請されたと伝えられています。仙台藩歴代藩主が篤く尊び、古くから延命の神「お多賀様」として親しまれてきました。
境内には、市の保存樹木に指定されているシラカシの大木や、サクラなどが植えられており、サクラの咲く季節になると静寂なたたずまいの中に華やいだ雰囲気を演出してくれます。
参道は通学路になっており、登下校する子供たちの姿は、見る人にどこか懐かしさが伝わってくる風景になっています。

多賀神社正面の写真

多賀神社正面(撮影:浅野利道)

参道を通って通学する子供たちの写真

参道を通って通学する子供たち(撮影:小田島智恵子)

石段の写真

通称「お多賀様」

アクセスガイド

JR長町駅富田行、「西多賀小学校前」下車

基本情報

  • 所在地:太白区富沢三丁目15-1

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。