現在位置ホーム > 名所一覧 > 三沢初子の墓など

更新日:2017年2月8日

杜の都 市民が選んだとっておきの緑の風家 わがまち緑の名所100選

ここから本文です。

三沢初子の墓など

仙台藩主の夫人らの御霊を静かに包み込む都会の杜

仙台サンプラザに隣接して伊達家ゆかりの墓所があります。仙台藩三代藩主綱宗の側室である三沢初子、二代将軍徳川秀忠の養女であり、後に仙台藩二代藩主忠宗の正室に迎えられた振姫(ふりひめ)、四代藩主綱村の正室である仙姫の墓があり、静かに眠っています。
この墓所は、振姫と三沢初子の廟所でしたが、明治6年に取り壊され新たに墓が建立されました。その後、昭和30年には市内小田原の万寿寺から仙姫の墓が移されました。
墓所内は鬱蒼とした杜に囲まれ、訪れる人に静寂なたたずまいを見せています。植えられているツバキの大樹が静寂な中に気品のある彩りを添えています。

ツバキの写真

満開の見事なツバキ(撮影:田中泰子)

墓所の写真

墓所の入口

石灯篭の写真

緑の下に石灯篭が続く(撮影:庄司喜雄)

アクセスガイド

JR仙石線「榴ヶ岡駅」下車

おすすめポイント

三沢初子は、伊達騒動(寛文事件)を扱った歌舞伎十八番「加羅先代萩」の「政岡」のモデルと言われているため、政岡墓所とも呼ばれています。綱村の養育に心血を注いだ初子の生涯を偲びます。

基本情報

  • 所在地:宮城野区榴岡五丁目

この情報は、「市民選定員」の方々のご協力により行われた事業の一環としてまとめられたものです。