更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(あかちゃんの絵本)

絵本を開くとあかちゃんの表情が変化します。ページのなかの色やかたちをじっと見つめて、話し手の声に耳をかたむけます。安心できる大人がそばにいて話しかけてくれることが大好きなのです。

あかちゃんに絵本は必要なの?

絵本は心の栄養です

絵本はあかちゃんのことばと豊かな心を育みます。
お父さんやお母さんがやさしく読んであげることが一番ですね。

なめたり投げたりするけど絵本を与えていいの?

絵本はすてきなおもちゃ

初めはなめたり投げたりしますが,絵本を触ることによって,ページをめくったり見たりするようになります。

どんなふうに読んであげたらいいの?

ゆったりした気持ちで・・・

ひざの上に抱っこしてゆったりした気持ちで読んであげましょう。絵本を見ているときのあかちゃんの表情やしぐさを大切にし,それに大人がやさしく応えてあげましょう。

どんな絵本を選んであげたらいいの?

絵本を選ぶ時には・・・

絵がきれいで楽しいもの、動物や乗り物など身近な題材のものを選びましょう。また、あかちゃんが自分で持ったり、ページをめくったりしやすいように、あかちゃんの手になじみやすい小ぶりでしっかりした作りのものがいいですね。

楽しい絵本がいっぱい

いないいないばあ

松谷みよ子(まつたにみよこ)/文
瀬川康男(せがわやすお)/絵
童心社

にゃあにゃが、いないいないばあ。くまちゃんも、いないいないばあ。こんどはだれかな?あかちゃんと一緒にいないいないばあを楽しめる絵本です。

あがりめさがりめ

おかあさんと子どものあそびうた
ましませつこ/絵
こぐま社

「げんこつやまのたぬきさん」や「だるまさん」など、あかちゃんと一緒に遊べる、わらべうたの絵本です。

おつきさまこんばんは

林明子(はやしあきこ)/作
福音館書店

くらいよる、やねの上にはネコ2ひき。おや、くらいお空がだんだんあかるくなってきた。おつきさまだ。
あかちゃんは、やさしくあたたかいお月さまの顔が大好きになります。

がたんごとんがたんごとん

安西水丸(あんざいみずまる)/作
福音館書店

がたんごとんがたんごとんたくさんおきゃくさんをのせてどこまでいくのかな?
何度も汽車がでてきて、繰り返しの楽しい絵本です。

じゃあじゃあびりびり

まついのりこ/作・絵
偕成社

あかちゃんはどんなこえでなくの?らっぱのおとは?
身近なものがたくさん出てくるので、あかちゃんは興味津々です。

どうぶつのおやこ

藪内正幸(やぶうちまさゆき)/画
福音館書店

いたずらっこがいる。あまえんぼがいる。なにしてるの?なにをはなしてるの?いっしょっていいね。
大好きな動物の親子がたくさん出てきます。

0歳

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427