更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(指しゃぶり)

指しゃぶりは、母親の胎内にいる時からすでに始まっているとのこと、指をしゃぶるとほっとしたり安心したりするもののようです。

どんな時にするの?

なんだか不安お母さん来て

ちょっとひとやすみ

何にもすることなーいつまんないな

ねむいなあ

さびしくなっちゃった

★四六時中、指しゃぶりをしているような場合には、歯並びへの影響があるかも知れません。

どう対応すればいいの?

どんな時に指しゃぶりをするのか、子どもの様子をみてみましょう。

  • 自由にあそべなくて退屈している時には・・・他の遊びに誘ったり一緒に思いきり遊んでみましょう。
  • さびしい時や不安な時には・・・話しかけたり、スキンシップをとるようにしましょう。
  • 寝つく時の指しゃぶりは・・・手を握ってあげたり、トントンと調子を取るなど、安心して眠れるよう見守りましょう。

ワンポイント

  • 指しゃぶりは、くせのひとつとして受けとめ、自然にやめるのを気長に待つようにしましょう。
  • 無理にやめさせようとすると、逆効果になってしまいます。
  • 元気に外で遊ぶようになると、指しゃぶりの回数も減ってきます。

1歳

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427