更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(友だち関係(5歳編))

一緒にいると、うれしくなる。
たのしい、おもしろい、時々けんかするけど、いないとさみしい。
それが友だち。

仲間と一緒に

友だちと一緒にいることがうれしく,一緒に遊ぶことに大きな喜びを持つこの時期。自分たちで決まりをつくって遊びを楽しむようになり,同じ目的を持った仲間と集団で行動することが多くなります。

友だちと一緒に遊ぶなかで…

  • 言葉で自分の思いや考えを伝える力が身についてきます。
  • 友だちの思いや考えを受け入れたり,相手の話を聞く力が育ってきます。
  • 自分たちで決まりをつくったり,決まりを守ることの大切さがわかってきます。
  • 仲間を大事にし,ときには自分が我慢することも覚えていきます。

こんなときはどうしたらいいの?

悲しかったお子さんの気持ちを十分に受けとめてあげましょう。普段からお子さんが誰とどんな遊びをしているのか話を聞くようにし,気になることがあったら,担任の先生に聞いてみましょう。

何かと友だちの言動を細かに大人に伝えてくる子は,「認めてほしい」気持ちを持っています。話をじっくり聞いてあげましょう。

「その時どう思ったの?」「どうすればよかったかな?」等,一緒に話をしながら,子ども同士で解決できるように見守ってあげましょう。

5歳

5歳のイラスト

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427