更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(かみかみはとっても大切)

かみかみはとっても大切のイラスト

かむことは食べ物をかみくだき消化を助けるばかりではなく、あごの発達や脳の刺激にもなります。

よーく噛(か)むとこんなにいいことがあるよ

虫歯を防ぐ

だ液の分泌がよくなります

歯並びをよくする歯

歯が生えるスペースができます

頭の働きをよくする

あごの上下の動きが、脳によい刺激になります

消化を助ける

胃腸の負担を軽くします

あごをきたえる

しっかりかまないと、細いあごになり、かたいものがかめなくなります

容姿を整える

顔の筋肉や骨が発達します

味覚を発達させる

うす味でもおいしく、素材の味がわかります

いつものメニューに、ちょっとひと工夫で、かみかみUP!

  • フライの衣を、パン粉のかわりにアーモンドやコーンフレーク、短く折ったそうめんなどを使って。
  • きゅうりやにんじん、セロリなど、野菜類をスティック状に切って、スティックサラダに。
  • 煮物やサラダ、スープの中に豆類をとり入れて。大豆の水煮缶を使うとらくちん!
  • みそ汁やスープには、ごぼうやこんにゃく、コーンやベーコンなど、歯ごたえのあるものを加えて具だくさんに。
  • いつもの白いごはんに、枝豆やグリーンピースをまぜて。色合いもとってもきれいになります。

かむ力を育てるために、やわらかいものだけではなく、野菜や肉類などかたいものも、すすんで食べるようにしましょう。

食事

食事のイラスト

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427