更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(おむつはずし(1歳編))

おむつはずしは、焦らずゆったりした気持ちで取り組みましょう。
しっぱいしても叱らないでね。

おむつはずしステップアップ

(1)嫌がらなければオマルや補助便座に座らせてみましょう

寝起きやオムツがぬれていない時がチャンス!トイレを飾って楽しい場所にするのもいいでしょう。

(2)おしっこのサインを見逃さないようにしましょう

おしっこが出る時のしぐさ(モジモジしたり前をおさえたり)やくせを見つけましょう。

(3)おしっこが出た時は一緒に喜びましょう

おしっこが体から出る感じ、おしっこが出る時のシャーッという音など、「おしっこ」の感覚を伝えましょう。

(4)オムツからパンツへ

目安として一日のうち半分くらいトイレで出来るようになったら切り替えましょう。

おしっこの間隔が2時間前後になった頃からオムツはずしにとりかかりましょう。
無理強いは逆効果です。出ないときは2~3分で切り上げましょう。

ワンポイント

  • 時間を決めてオムツ交換をしていくと、おしっこの間隔を把握しやすいです。
  • オムツを取り替える時からトレーニングは始まっています。
    「くさかったねー」「きれいになって気持ち良いね」など話しかけ、気持ち悪い感覚・気持ち良い感覚を言葉でも伝えましょう。

1歳

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427