現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 子育て > 妊娠・出産、子育てのための情報や教室など > 子育てガイド・教室 > とっておきの子育ての話 > 2歳 > とっておきの子育ての話(子どもと一緒に絵本の世界へ(2歳~3歳編))

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(子どもと一緒に絵本の世界へ(2歳~3歳編))

「なぜ、絵本を読んであげることが大切なの?」「どんな絵本を選べばいいの?」・・・そんな疑問にお答えします。絵本には、子どもが初めて出会う世界がいっぱい!親子で一緒に、絵本の世界を楽しみましょう。

なぜ、絵本をよんであげることが大切なの?

子どもは絵本を読んでもらうことが大好きです。それは、絵本の絵をみながら、お父さんや、お母さんの声で語られるお話に聞き入ったり、一緒に遊んだりできるからです。

想像力を育てます。

知らない言葉を知ったり、美しい日本語の表現にふれることができます。
親子の時間をもつことができ、絆が深まります。

この時期のお子さんには、こんな風によんであげましょう。

1.ゆっくりと、わかりやすく読んであげましょう。

言葉の意味をわかろうと、一生懸命耳を傾けているからです。

2.じっくり絵がみられるように、ゆっくりページをめくりましょう。

絵を見ながら想像をふくらませているからです。

3.お子さんからでてきた言葉を、ゆっくり聞いてあげましょう。

「どうして?」「これ、なあに?」を繰り返したり、「○○ちゃんも~したことあるよ」と、おしゃべりをはじめ、ストーリーから脱線してしまうなんていうことも、よくあります。最後まで読み進めることにこだわらず、できるだけ質問に答えてあげたり、「そうだったねぇ」と、会話をはずませながら、絵本の世界を親子で楽しみましょう。

2~3歳のお友だちに人気の絵本

イメージが豊かになり、目の前にない世界も楽しみはじめる2・3歳児さんは、お家や、外で経験したことなどを土台とした、簡単なストーリーがある絵本が大好きです。

コロちゃんはどこ?

(エリック・ヒル作 評論社)

しかけをめくりながら、子犬のコロちゃんを探していく絵本です。ユーモラスな動物たちも隠れていますよ。

しろくまちゃんのほっとけーき

(わかやまけん作 こぐま社)

本当にホットケーキが食べたくなる、おいしそうな絵本。絵をつまんで食べる真似をするのも楽しいですよ。

きれいなはこ

(せなけいこ作・絵 福音館書店)

ちょっぴりこわいけど、のぞいてみたいおばけの世界。お友だちとの関わり方についても考えさせてくれます。

おっぱい

(みやにしたつや作・絵 すずき出版)

いくつになってもお母さんのおっぱい大好き。下にきょうだいが生まれたお友だちにもおすすめのお話です。

おおきなかぶ

(トルストイ再話 内田莉莎子訳
佐藤忠良画 福音館書店)

「うんとこしょ、どっこいしょ」の繰り返しがおもしろいお話です。

ノンタンぶらんこのせて

(キヨノサチコ作・絵 偕成社)

大好きなブランコ。1人占めするより、みんなと一緒に遊ぶと楽しいな…そんな気持ちになれるお話です。

2歳

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427